May J.、初ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』での苦労を明かす「伝わらないのがもどかしい!」

May J.、初ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』での苦労を明かす「伝わらないのがもどかしい!」

 May J.が1月30日、東京・IHI STAGE AROUND TOKYOにて行われた舞台『ウエスト・サイド・ストーリー』Season2プレスコールに登場。共演の村上虹郎、森崎ウィン、宮澤エマ、田村芽実、宮澤佐江、上口耕平、小野賢章、渡辺大輔、廣瀬友祐とともに歌声を披露した。

 アニータ役のMay J.はマリア役の宮澤エマとともに、「A Boy Like That」を歌い上げる。この曲は、自分の恋人でありマリアの兄であるベルナルドを殺したトニーのような男など忘れろとアニータがマリアに迫り、それをマリアが断るもの。May J.の力強い歌声と、それに負けない宮澤エマの美しい声が少し切ないシーンを盛り上げていく。プレスコールでは他にも「Prologue」、「One Hand One Heart」、「Quintet」の計4シーンが披露された。

 かなり激しいダンスも多いといい、May J.は「小さい頃からダンスが好きで踊っていたけれど、『America』というナンバーはバレエとジャズダンスをミックスさせた特殊な動きが多い。無理な角度が多く、初めての動きばかりでかなり戸惑った。私たちはものすごい熱量で大変なのに、見ている方には伝わらないのがもどかしい!」と苦笑いする。それでも「裏ではそんな風になっていると思いながら見ていただけたら」とアピール。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる