菅田将暉、『紅白』リハでの米津玄師とのエピソード明かす 「『楽しみにしてるから』って言われました」

菅田将暉、『紅白』リハでの米津玄師とのエピソード明かす 「『楽しみにしてるから』って言われました」

 菅田将暉が12月30日、NHKホールにて行われている12月31日放送の『第70回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)リハーサルに参加し、メディア向けの囲み取材に応じた。

 今年初出場となる菅田は、米津玄師が作詞、作曲、プロデュースを務めた「まちがいさがし」をストリングスを迎え披露する。リハーサルを終えた心境を菅田は、「すごいところに来たなと不思議な気持ちです」と素直に一言。顔合わせ、オープニング、エンディングリハーサルでは、五木ひろし、氷川きよしが優しく話しかけてくれたとのことで、「最後に後ろに点数が出ることを五木さんが教えてくれて」と明かし「日本野鳥の会かっこいいですね」と伝統ある紅白の演出に感激していたようだった。

 昨年は自宅のリビングで観ていた『紅白』への初出場に「家族とかおじいちゃんとか、自分一人の意思ではないかのような。一生にそう何度もないことなので、そんな話をいただけるならお邪魔させていただきますという気持ちです」と親族の思いも背負っての歌唱に思いを込めた。

 リハーサルには米津も姿を見せたそうで、「僕だけは米津玄師の『まちがいさがし』を聞いて練習していたので。『楽しみにしてるから』って言われました」と明かし、息継ぎのタイミングについてもアドバイスを受けたとのこと。「米津玄師もそうですけど、『紅白』には勝手に年上の大先輩たちのイメージがありましたけど、GENERATIONSのみなさんとか、俺らと同世代の方もいるので嬉しかったですね」と白組の面々に信頼を寄せた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる