蒼山幸子、沙田瑞紀、佐藤千亜妃……新たな表現に向かう女性アーティストの現在地

 これまでバンドの一員だったミュージシャンが、解散や活動休止を経てソロや新プロジェクトに移行する流れはごく自然だ。2019年も多くのバンドが惜しまれつつもその活動を止めたが、次の場所に向かい始めたメンバーもいる。ここではそんなソングライターたちが2019年中に届けてくれた作品を紹介する。

蒼山幸子『まぼろし』

 7月20日に解散したねごと。歌声と鍵盤でバンドを印象づけていた蒼山幸子は2018年から弾き語りを本格始動させ、アニメ映画『GODZILLA』シリーズ主題歌の作詞も行うなどソロ/作家的な一面もあるミュージシャンだった。2019年11月に開催した初のソロワンマンの会場で販売された1st EP『まぼろし』は、12月9日からは通販/配信でもリリースされている。

蒼山幸子 EP『まぼろし』全曲試聴トレーラー

 M1「まぼろし」は自ら演奏するピアノと歌声のみで構成され、“ひとり”を強く意識させる楽曲。〈夢の中で微笑んだ ひとときが嘘みたい〉という、ねごととしての活動を終えた余韻を思わせるフレーズをまじえながら、ソロ活動への決意が綴られている。その柔らかな聴き心地はグルーヴィーに横揺れを誘うM3「ミューズ」や、神秘的な音像のM5「silence of light」などでも一貫している。M2「バニラ」は勇ましいシンセが炸裂するアッパーなナンバーだが、詩世界は他曲と同じく繊細であり、丁寧に言葉が組み上げられている。

蒼山幸子「バニラ」Music Video

 何かに追われることなく自然に生まれた蒼山のメロディや言葉。今作を編曲やプログラミングで聴き手の心に馴染ませるための手助けをしたのは、シナリオアートのハヤシコウスケ(Gt/Vo)。その他の演奏陣も楽曲に寄り添うよう的確に登用されている。メンバーの個性のぶつかり合いが面白みであったねごとの作品から一転し、『まぼろし』はプロダクションの全てを自らの美学と人選でコントロールして作られたようだ。蒼山の脳内に広がる音世界をナチュラルな状態でパッケージした、彼女のアーティスト性が息づいた1枚だ。

 蒼山と並んでねごとのコンポーザーだった沙田瑞紀は、アーバンソウルバンド、eckeおよびロックバンド、SYMBOLのドラマー・sugawaraと新ユニット・miidaを結成した。沙田はねごとの活動後期にダンスミュージック路線を牽引したほか、既発曲のリミックスも多く手掛けており、元よりデスクトップでの音楽制作に長けたメンバーであった。miidaもまた、断片的ではあるがYouTube上で打ち込み音源を多く公開している。

grapefruit moon

 しかし、11月15日に配信されたのはギターと鍵盤の彩りが豊かな「grapefruit moon」で意表をつかれた。一方、12月20日に配信された「Blue」は小気味よい電子音で高揚感を煽る楽曲で、これまたタイプが異なる。そしてねごと楽曲では主にコーラスに徹していた沙田が、両曲ともでしなやかな歌声を披露していることに驚いた。miidaの公式noteで沙田は「歌モノを作りたい!という気持ちで作ったわけじゃなく、自然と出来てきた曲です。いろんな曲を作ろうと思います」と記しており、彼女も蒼山同様に生活の中で生まれた音をDIYで形にしている。とはいえ、気楽でリラックスしただけの制作になったわけではない。noteの別日の投稿ではボイストレーニングに通っていることを明かしたり、「たったひとりでもいいから深く刺さるような、愛がこみあげるような楽曲を作りたい」とも述べている。ねごと時代も職人気質だった彼女は、フリーランスになっても魅力的な音楽を誠実に作り続けている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる