BTS、『FNS歌謡祭』で残したインパクト グループの魅力を最大限引き出す2曲披露

 12月4日、音楽特番『2019 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)第1夜にBTSが出演した。今年の夏には『THE MUSIC DAY』(日本テレビ系)にも出演し、今回の出演で日本の音楽特番には今年2回目の出演となる。『FNS歌謡祭』への出演発表は直前だったのにも関わらず、大きな反響を呼んだ。番組には事前収録での出演となったが、パフォーマンスに対するインパクトは視聴者にとってはとても大きかったようだ。

 BTSは20時台と22時台に登場し、20時台には「FAKE LOVE -Japanese ver.-」を披露した。黒スーツに身を纏ったメンバーは、スタイルの良さが際立つ。“世界が認めるスーパーグループ”という紹介の通り、豪華な歌の祭典に相応しいキレのあるダンスは美しく、一層華やかさを増したスペシャルなステージとなっていたように感じた。「FAKE LOVE」の世界観を一気に作り上げたパフォーマンスは確かに世界で人気があるということを証明したように思えた。SNSでは地上波でK-POPグループのパフォーマンスを視聴できたことや、ファンによる掛け声がなかったことが新鮮だったという意見が見られた。また、BTSのパフォーマンスの強みである息のあったダンスの他、メンバーの端麗な顔だちに魅了された視聴者も多かったようだ。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!