“日プ”=『PRODUCE 101 JAPAN』、ポジションバトルが完結 各部門で衝撃の結果に

“日プ”=『PRODUCE 101 JAPAN』、ポジションバトルが完結 各部門で衝撃の結果に

 練習生たち一人ひとりのスキルやキャラクターが少しずつ浮き彫りになってきた、サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』(GYAO!)。10月17日には、第4回が配信された。今回は、ボーカル・ラップ・ダンスの3部門に分かれ、国民プロデューサーの前でパフォーマンスを披露する「ポジションバトル」の後半戦である。

 まずはボーカル部門。米津玄師「Lemon」でバトルをするのは與那城奨、結城樹がそれぞれリーダー、センターを務める1組。順調に見えた彼らだが、歌詞の意味を分かっていないとダメ出しをもらってしまい、1から歌詞の意味を紐解き始める。そして2組は、渡辺龍星がリーダー、菅野雅浩がセンター。しかし、もともとダンスで勝負がしたかった渡辺はダンスチームの部屋に行ってしまい、練習に集中できずにいた。それはボイストレーナーの菅井秀憲にも一瞬で見抜かれたが、菅井は「逆に良かったと思うんですけど。一生Aクラスにいて歌が上手い人より、メチャクチャになっても何かに挑戦している人のほうが全然熱量を感じる。そうじゃない人たちが11人選ばれても売れないよ」とアドバイス。その言葉により、2組も練習に熱が入っていく。

 ボーカル部門2チーム目は、Superfly「タマシイレボリューション」。この曲は、曲決めの際に最後までくじ引きで選ばれなかった12人が自動的に割り振られた難易度の高い曲だ。宮里龍斗志がリーダー、鈴木玄がセンターを務める1組は、宮里とアルジャマ勇心が喉を痛めて早々に練習ができなくなってしまう。松倉悠がリーダーとセンターを務める2組では、ボーカル経験者が1人もいないチームの中、兼任する松倉の負担を減らすためリーダーを瀧澤翼へ変更。徐々にまとまりを見せ始める。

 ボーカル部門3チーム目は、back number「HAPPY BIRTHDAY」。石井祐輝がリーダー、床波志音がセンターを務める1組、西山和貴がリーダー、岩崎琉斗がセンターを務める2組の対決だ。1組は床波が体調不良でダウンし、さらに木原汰一は高音が出ないことで苦戦。2組も聴き手の心を掴むポイントとなる歌い出しのパートを岩崎から安慶田真樹へ変更するなど、2チームとも紆余曲折を経ての対決となった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる