今井美樹、新曲「Hikari」でドラマ『科捜研の女』新クール主題歌も引き続き担当

今井美樹、新曲「Hikari」でドラマ『科捜研の女』新クール主題歌も引き続き担当

 今井美樹が、新曲「Hikari」で10月17日から始まるドラマ『科捜研の女』(テレビ朝日系・毎週木曜よる8時)新クールの主題歌を担当する。

 放送開始から20周年を迎え、テレビ朝日開局60周年の節目に放送されている『科捜研の女』は今年4月から2020年3月まで1年間放送。テレビ朝日のプライム帯のドラマとしては、1998年11月~1999年9月『暴れん坊将軍』以来、20年ぶりの通年放送ドラマとなる。

 今年4月から今井が「Blue Rain」でドラマ主題歌を担当していたが、新クールも引き続き今井が担当。令和初となる録り下ろしの新曲「Hikari (作詞・作曲:今井了介、為岡そのみ)」は日々の繋がりが希薄になりがちなデジタル時代のなかで、友人・恋人・家族など大切な人に無償の愛を捧げられる気持ちになれる世界であって欲しい、との思いが込められている楽曲だ。「Hikari」は「科捜研の女」放送日と同日10月17日に配信を開始。ドラマの放送に先駆け、今井自身がパーソナリティを務める『DUNLOP presents LOVE UNITED』(日曜12時30分から12時55分まで)10月6日放送回での初オンエアが決定している。

今井美樹 コメント

今井美樹「Hikari」

こんにちは、今井美樹です

令和になって初めての私の新曲「Hikari」が誕生しました。

最近はメールやSNSなどが日常になって、人との繋がりが希薄になりがちな現代ですが、友人や恋人、家族や大切な人へ無償の愛を捧げられるような、そんな気持ちでいられる世界であって欲しいと、そんな思いを込めて歌いました。

しょっちゅう会えてなくても、距離が離れていても、心が通じ合った人とはその絆を大切にしていきたい、そして長い人生、雲間から差すような希望に満ちた光に導かれて、少しでも美しい心でいたい、そんな思いを込めた大人のポップソングであって欲しいなと思っています。

沢口靖子 コメント

ゆったりと優雅で穏やかな気持ちになるメロディと、「光を差すこの温もりあなたに届いて欲しい」というメッセージが20周年を迎えた「科捜研の女」にピッタリのとても素敵な曲だと思いました。

ありがとうございます!

今井美樹LINE公式アカウント
今井美樹 Official YouTube Channel
今井美樹オフィシャルHP
ユニバーサル ミュージック・アーティストページ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「リリース情報」の最新記事

もっとみる