>  >  > 『真夏の少年 ~僕たちジャニーズJr.です~』を見て

HiHi Jetsと美 少年にしっかりと受け継がれるジャニーズイズム 密着番組『真夏の少年』を見て

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  9月1日の深夜に、ジャニーズJr.内グループのHiHi Jers、美 少年に密着した番組『真夏の少年 〜僕たちジャニーズJr.です〜』(テレビ朝日・関東ローカル)が放送された。同番組では、7月18日から8月25日まで開催され、10万人以上を動員した『パパママ一番 裸の少年 夏祭り!』のリハーサルから本番までに完全密着。ステージにかける彼らの情熱や、7月9日に逝去したジャニー喜多川氏への思いなどが明かされた。

 6月27日、まずは美 少年の面々がリハーサル初日を迎える。『パパママ一番 裸の少年 夏祭り!』は1時間半で30曲以上を披露。すべての曲を同ライブ用に組み立てていくため、振付は一から確認していくことになる。しかし、個人活動が多い彼らにとってメンバー全員が揃うことは容易くない状況だ。本番8日前の7月10日のリハーサルでもドラマ撮影中の佐藤龍我、岩﨑大昇が欠席のまま進む。この日行なわれたのは、KAT-TUN・亀梨和也が作詞を手掛けた新曲「ねぇ もっと」の振付。ここで振付を覚え、通しリハーサルまでにメンバーの誰かが欠席した2人に教えていかなければならない。そして7月12日、やっと全員が揃ったが、この時点で佐藤と岩﨑は新曲の振付すべてをまだ覚えられていない。しかし、メンバーの振りを見て必死に覚える佐藤と岩﨑の負けじと食らいついていく姿が印象的だった。

 そして、7月11日。HiHi Jetsも同じく『パパママ一番 裸の少年 夏祭り!』のリハーサルで、悪戦苦闘していた。メンバーの髙橋優斗は「去年以上に色んな活動をさせていただいているので、時間がないのが正直なところです」とやや焦っている様子。作間龍斗も「全員が揃うことがほとんどなくて、1週間で6時間くらいしか取れていないんですよ」と語っていた。まずは、セットリスト順に一度通してリハーサルをしてみる。彼らのステージはメンバーの猪狩蒼弥がローラースケートの振付を担当し、メンバー全員で舞台演出を考えている。多忙でありつつも、自分たちで舞台を作る彼らを動かす思いは何なのだろうか。メンバーの橋本涼は「毎日同じものを見せたら、飽きると思う。毎日お客さんは違うけど、同じ方もいるだろうし、だから日替わりのものを入れたりだとか、同じ曲でも見せ方を変えたりとかしろってジャニーさんに言われていて」とジャニー喜多川氏の言葉を振り返る。そして、「時間がないと言ってもライブだけは妥協したくないんで、そこだけは真剣にやらせていただきたいです」と続けた。メンバーの井上瑞稀も「何回も模索しながら、やっぱり飽きさせたくない。1分1秒も」と同じ思いを語っていた。

 さらに、HiHi Jetsも『パパママ一番 裸の少年 夏祭り!』で新曲を披露予定。その振付は猪狩が担当している。「まだ改良の余地があるんじゃないかと考えたりだとか、1公演ごとに掴むものがあると思うので、その中で進化を重ねていってMAXのものを出せるようにしたい。ファンの方のためにも」と語る16歳の猪狩に、プロ意識の高さを感じた瞬間だった。

      

「HiHi Jetsと美 少年にしっかりと受け継がれるジャニーズイズム 密着番組『真夏の少年』を見て」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版