嵐 大野智、矢沢永吉と“船好き”トークで意気投合 固い握手を交わす

 8月31日の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)では、「矢沢永吉記念館」が放送された。

 ゲストの宝物や思い出の品を見ながら、ゲストの半生をひもとく企画「記念館」に、日本ロック界の帝王・矢沢永吉が登場。バラエティ番組には滅多に出ることのない矢沢に出演の理由を櫻井翔が聞くと、矢沢は櫻井と相葉雅紀の方を寄せ「(嵐に)会いたかったんだよ」と嬉しそうに明かした。

 中2でスーパースターになると決意した矢沢は特に影響を受けたのがThe Beatlesで、彼らを見てロックシンガーになりたいと思ったという。その流れから若い頃に影響を受けた人を聞かれた相葉は闘魂三銃士の武藤敬司、橋本真也、蝶野正洋を挙げる。「プロレスのスターがいて、憧れてプロレスラーになろうと思って。いっぱい食べて頑張ろうと思ったんだけど、友達にバックドロップされて痛すぎてダメだと思って」と振り返ると、矢沢も笑みを浮かべていた。

 矢沢がソロになって初のコンサートで着た衣装は、本番直前、何か物足りないと厚紙で星形を作り、スプレーで吹き付け急遽星のワンポイントを付け足したという。嵐も伝説の衣装として「A・RA・SHI」でのスケスケ衣装の話題に。もともとランニングを着ていたが、出る直前にジャニー喜多川から脱いだ方がいいと提案されほぼ半裸で出演したことを話す櫻井に、松本潤が「その話とは一緒にしない方がいい」と指摘した。矢沢は10月に43年ぶりとなる日比谷野外大音楽堂公演を開催する。そこで大野智が「星やってほしいですよね」と提案すると、矢沢も「いいこと言うね」と乗り気であった。

 相葉からの「休みの日は何をされてるんですか?」という質問に矢沢は、「いっぱいありますよ。車の運転大好き、ハーレーの運転も大好き。クルーザーも大好き」と返答。大野が船舶免許を持っていることを知った矢沢は、「船舶持ったのも、ああいうのを動かしてみたいと思ったんでしょ? 僕も一緒。矢沢永吉を張ってると疲れるわけよ。船の中だと誰がどうこうってありませんでしょ。そういうところも船に興味を持ったのにありましたね」と船に惹かれた理由を述べると、大野も「一緒です」と共感。船で繋がった2人は固い握手を交わし、意気投合していた。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる