>  >  > 関ジャニ大倉、スカパラ谷中敦とラジオで熱い談義

佐藤結衣の『ラジオdeジャニログ』

関ジャニ∞ 大倉忠義、スカパラ谷中敦と語った“メンバーとの別れ”の経験 ライブへの熱い思いも

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 関ジャニ∞大倉忠義がシンガーソングライターの高橋優とパーソナリティを務めているラジオ『オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん』(ニッポン放送)。8月3日放送回は、東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦をゲストに迎え、「大倉くんと高橋くんと谷中くん」と題して、関ジャニ∞ファンの胸を打つアツいトークが繰り広げられた。

 2015年4月から放送をスタートした同番組は、高橋の地元・秋田に大倉が足を運んだこともあるほど、プライベートでも親しいふたりならではの飾らない会話が最大の魅力。これまでゲストとして登場したのも、ふたりが共に心を許している関ジャニ∞安田章大のみだった。今回、番組史上2人目のゲストとなった谷中も、ふたりとはそれぞれセッションをしたことがある仲。

 「こういう男になりたい!」と、大倉と高橋の口をついて出るリスペクトの言葉を受けて「なんて光栄な。こういうこと言ってくれる番組なの(笑)?」と屈託なく笑う谷中の渋い声が心地よく響く。そして、話題が関ジャニ∞と東京スカパラダイスオーケストラでコラボした「無責任ヒーロー」のMV撮影時の思い出話に移ると、関ジャニ∞のメンバーが目を合わせて話しかけてくれたことで、東京スカパラダイスオーケストラは関ジャニ∞のことを「みんな好きになっちゃってた」とチャーミングに語る谷中。聞いているこちらまで、ついつい頬が緩んでしまうなんとも優しい時間が流れた。

 バンドという形態であることはもちろんだが、関ジャニ∞と東京スカパラダイスオーケストラには、大の大人がワチャワチャと好きなことをやっている自由な雰囲気、遊び心を失わず、それでいてここぞというときに男気溢れる姿を見せてくれるメリハリの効いた粋なスタイル……そして、いくつかの別れを経験してきたという共通点がある。

 番組でも、状況は異なれどメンバーとの別れを経験してきた谷中が、そのときの複雑な感情を語る場面があった。一番バンドを引っ張ってきたフロントマンが抜けて、これからどうやっていこうと途方にくれたこともあったという話は、渋谷すばるが脱退したときの関ジャニ∞と重なる部分。誰も埋めることなど到底できない大きな穴を前に、整理できない感情が湧き上がってくるのも無理はなかった。
 
 昨年、当時を振り返り「なかなか受け入れられずにいた」と率直に語った大倉のみならず、関ジャニ∞メンバーが、そして彼らを応援してきた全てのファンが、そんな気持ちだったと思い出される。いよいよ7人揃って最後のテレビ出演となった『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)で、生セッションを行なったのも東京スカパラダイスオーケストラだった。そのとき、谷中は渋谷すばるとハイタッチをしたこと、そして「すごくいい顔してた」と振り返る。

      

「関ジャニ∞ 大倉忠義、スカパラ谷中敦と語った“メンバーとの別れ”の経験 ライブへの熱い思いも」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版