>  >  > HiHi Jets&美 少年『パパママ一番 裸の少年 夏祭り!』に意気込み

HiHi Jets&美 少年、『パパママ一番 裸の少年 夏祭り!』に意気込み タイトルの意味も明らかに

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7月18日よりテレビ朝日・六本木ヒルズでスタートする『パパママ一番 裸の少年 夏祭り!』に先駆けて、東京・EX THEATER ROPPONGIにて公開ゲネプロと囲み取材が行なわれた。

 ジャニー喜多川氏の思いを受け継ぎ、今回の公演から演出を滝沢秀明が担当。オフィシャルサポーターのHiHi Jets、美 少年に加え、少年忍者、7 MEN 侍も登場し、「和」を感じるコーナーが組み込まれるなど、ジャニーズらしいエンターテインメントが楽しめそうだ。さらに7月18日からの「美 少年公演」、8月3日からの「HiHi Jets公演」ではそれぞれ新曲も披露。美 少年の新曲の歌詞はKAT-TUN・亀梨和也が手掛けているという。

 公開ゲネプロは、HiHi Jets・髙橋優斗の「僕たちでこの夏を盛り上げていきたいと思いますのでよろしくお願いします」という言葉と共にHiHi Jetsと美 少年の11人が登場。『パパママ一番 裸の少年 夏祭り!』の公式テーマソング「おいで、Sunshine!」からスタートし、HiHi Jetsコーナー、少年忍者コーナー、美 少年 和コーナーと続く。HiHi Jetsは、得意のローラースケートを駆使したパフォーマンスを披露。和太鼓とローラースケートを組み合わせたフォーメーションも新しい。少年忍者コーナーでは、ジャニーズJr.のキャメロンも登場。カラフルな衣装に身を包んだメンバーたちが「Can’t Take My Eyes Off of You(君の瞳に恋してる)」や「お祭り忍者」などの有名ナンバーをカバーし、美 少年 和コーナーでは、扇子や和傘、太鼓などを用いた艶やかなパフォーマンスが行なわれた。

 ゲネプロ終了後の囲み取材で意気込みを聞かれたメンバーは「令和最初の夏なので、暑さを吹き飛ばすくらい頑張っていきたいと思います」(美 少年・浮所飛貴)、「11人で六本木を爆発的な熱気で包みたいと思います」(HiHi Jets・作間龍斗)とそれぞれ語る。2年連続でオフィシャルサポーターを務めるにあたって成長した部分を問われると、HiHi Jets・井上瑞稀は「ブラックライトを使ってローラースケートを履いてロボットダンスをします。ローラースケートならではの、ロボットの不思議な世界を楽しんでいただけるんじゃないかなと思います」とアピール。また、美 少年・那須雄登も「バトンを用いた和洋折衷のコーナーに、ぜひ注目してほしいです」と見どころを説明した。

 さらに、ジャニー喜多川氏が名付けたという『パパママ一番 裸の少年 夏祭り!』というタイトルについて聞かれると、HiHi Jets・橋本涼は「こんなにチャラチャラしてるのに、お家ではママ、パパですからね」と普段から両親をパパ、ママと呼んでいると告白。HiHi Jets・猪狩蒼弥は「僕をこういう風に育ててくれた教育的視点、こういう活動をさせてくれる価値観が尋常なく良いと思います」と両親へ感謝を伝える。さらに、美 少年・佐藤龍我はリビングで家族5人布団を並べて寝ていると、家族仲が良いことをアピール。

 「この夏達成したいことは?」という質問には、作間が「かき氷コレクションにどうしても並びたい」と野望を語る。作間は常々この野望を語っており、どうしても並びたいのだという。一方、那須は「今年の夏アメリカに行くので、英語を喋れるようになりたい」と、アメリカでの武者修行に向けた目標を宣言。そして最後は「数々の先輩方が公演を行ってきたEX THEATERを、この夏は僕たちが盛り上げますのでぜひ皆さん来てください」(髙橋)、「去年とは違う成長した4グループを皆さんにお届けして、サマーステーションもEX THEATERも盛り上げていきたいと思います」(美 少年・岩﨑大昇)と『パパママ一番 裸の少年 夏祭り!』のアピールを行ない、囲み取材を終えた。

(取材・文=高橋梓)

「HiHi Jets&美 少年、『パパママ一番 裸の少年 夏祭り!』に意気込み タイトルの意味も明らかに」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版