>  >  > 鹿野淳による『音小屋』、夏期講習開講へ

音楽ジャーナリスト養成学校『音小屋』、夏期講習開講へ 小野島大&鹿野淳によるプログラムに

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 音楽ジャーナリスト養成学校『音小屋』の、音小屋2019年度夏期講習2講座が開講される。

 『音小屋』は鹿野淳が開校し、1授業10数名という少人数制で実施。現在の音楽シーン、リスナーの音楽生活など、音楽ジャーナリズムに切り込んだプログラムを展開する養成学校だ。

 今回は、レギュラーコースを担当している小野島 大(音楽評論家)、そして鹿野 淳(MUSICA発行人、VIVA LA ROCKプロデューサー)の2名による2つのプログラムをご用意。

 小野島大は、「音楽ジャーナリズム、一から十まで」という講座名で音楽ジャーナリストおよび音楽ライターになるためのノウハウを紹介。また、鹿野淳は「フェスやイベントを自分で開くために必要なこと」という講座名で、フェスの開催やプロモーション方法のほか、フェス、イベント、ライブをメディアとしてどう位置づけるのかなどを教えるとのこと。

音小屋主宰 鹿野淳 コメント

1年お休みをいただいておりましたが、今年の音小屋は恒例の夏期講習を開催します。

今回は夏休み中に開講するので、日程的にも日本各地で音楽業界を目指している方々が受講できるチャンスかもしれません。あなたがあなたと音楽との関係の真価を問うきっかけになればと思い、「小野島 大」、そして僕「鹿野 淳」が2つの講座を開きます。

内容は下記にある通り、「ライター部門」「フェス部門」に分かれています。みんながその裏側や奥の奥を知りたいテーマ別に、それぞれ6回の講座の中でたっぷりとレクチャーします。

いわゆる専門学校のメディア科とは違う、「近い」関係の中であなたが知りたいこと、目指したいことにまっすぐ向かってゆく本音溢れるいい機会になればと思っています。講師は音楽メディアの最前線にいる者です。とびっきりの現場感覚を味わえ、実際に様々な体験を得られると思います。

2012年の春から開講している音小屋は、多くの生徒達が音楽業界に就職しています。

音楽サイト、出版社、CDショップ、プロダクション、コンサートプロモーター、レコード会社、そして配信サイトなどなど。音楽業界の様々なフィールドで音小屋生の顔や頑張りを見るようになりました。嬉しいことです。

是非、あなたと音楽の特別な夏を見つけ、そして音楽業界へ入る最高のステップにしてください。

音小屋主宰:鹿野 淳

■開催情報
『音小屋』
<2019年夏期講習・各授業日程、詳細>
「音楽ジャーナリズム、一から十まで」
講師:小野島 大(音楽評論家)
開催日程(全6講座): 
8月14日(水)、8月21日(水)、8月28日(水)、9月4日(水)、9月11日(水)、9月18日(水)
※時間は全日程、20:00~22:00。各授業約2時間

「フェスやイベントを自分で開くために必要なこと」
講師:鹿野 淳(MUSICA発行人、音小屋主宰)
開催日程(全6講座):9月7日(土)/9月8日(日)
※各日2時間ずつの3講座を行う集中講座。時間は2日間とも10:30~18:00

<募集の詳細要綱>
受講料:¥24,000(税込)
会場:株式会社FACT 会議室
(下北沢駅から徒歩5分)
参加資格(各授業共通):高校生(15歳)以上の方
持ち物(各授業共通):筆記用具、受講料
※ブログやツイッターでの掲載等、2次使用しなければ小型の録音機材の持ち込みも可能
定員(各授業共通):12名(定員を超過した場合は選考)

応募方法:
オフィシャルサイトより、エントリーシートをダウンロード。メール又は郵送にて、応募を受付中。その他、詳細はオフィシャルサイトにて。

応募締め切り
6月18日(火)〜7月19日(金)24:00まで。※郵送の場合、当日消印有効

■関連リンク
『音小屋』オフィシャルHP

「音楽ジャーナリスト養成学校『音小屋』、夏期講習開講へ 小野島大&鹿野淳によるプログラムに」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版