Hey! Say! JUMP 薮宏太、ジャニー社長に“新元号の名前はダメ”と直談判「今後ないと信じています」

 5月10日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)にきゃりーぱみゅぱみゅ、Hey! Say! JUMP、ゴールデンボンバー、Official髭男dism、手嶌葵、イル・ヴォーロ、岸谷香が出演した。

 Hey! Say! JUMPは最新曲「Lucky-Unlucky」を披露。今回の放送では「平成から令和へ時代をつなぐアーティスト」が集められたということで、時代の移り変わりについて中島裕翔は「やっぱり平成にまつわることいろいろ聞かれました。古いグループだって思われないように『平成をジャンプして令和にいきたいと思います』というコメントをするのが痛々しくて。ちょっと大変でした。必死になってる自分が苦しいみたいな」と自身の発言を振り返る。続けて薮宏太は「元号が変わるというときに社長のジャニーさんにお会いしたんですけど、『絶対に新元号がついたグループ名はやめてくれ』って言ったら『分かった』って言ってくれたので、今後ないと僕は信じています。結構気まぐれな方なので何が起きるかわかりませんが」と明かし、カメラ目線で指を差し「ダメよ! ジャニーさん! 令和ダメよ!」とジャニー喜多川に向けてメッセージを送った。

 ゴールデンボンバーは新元号発表発の1時間後に公開された楽曲「令和」をMステだけのスペシャル演出で披露した。演出について聞かれた鬼龍院翔は、「今夜は令和一発目の『ミュージックステーション』で『令和』を歌うということで思い切り盛り上げるために、かの嵐さんばりの派手な紙吹雪をオーダーしました。『これぐらいのものをやってほしい』って伝えたので、特別な演出になっております」と過去に嵐が大量の紙吹雪をバックに歌唱した映像を例に挙げ、視聴者を期待させた。パフォーマンスの途中ではイル・ヴォーロが「令和」のパネルを持ち、後半には黄色の大量の紙吹雪が舞い、アウトロにはステージに紙吹雪による「令」、そしてメンバー4人での人文字「和」が描かれた。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!