DEEP、新メンバーオーディション東京一次審査は「夢を追い続けるソルジャーたちが多かった」

DEEP、新メンバーオーディション東京一次審査は「夢を追い続けるソルジャーたちが多かった」

 2019年4月25日でデビュー12周年を迎えたDEEP。その新メンバーオーディションの様子を放送している『ROAD TO D 夢への軌跡』(MixChannel)の第4回目が、5月7日に配信された。今回は、史上最大のエントリー数となった東京会場。「非常にレベルが高かった」とメンバーのTAKAも驚くオーディションとなった。

 4月27日、28日の2日間、「EXPG STUDIO TOKYO」にて行なわれた東京一次審査。GW真っ只中にもかかわらず、大勢の参加者がエントリーした。番組でも参加者たちで満員になっている控室の様子が映し出され、いかに多くの人が参加したかが分かる。そんな東京一次審査でのエントリーNo.1は、鈴木吾郎さん(29歳)。EXILE SHOKICHI「君に会うために僕は生まれてきたんだ」を20秒間アカペラで披露した。

 続けて、今回も年齢・性別に分けて、参加者たちの様子が放送される。「男性10代編」では、DEEPの大ファンだという16歳の高校生、長坂佳樹さんが登場。メンバーに向けてメッセージを送るシーンもあった。「男性20代編」には、デビューが決まっていたが再度オーディションを受け直したという参加者や、以前『EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION』に参加したことがある人も。そして「男性30代以上編」では、個性豊かな参加者が見られた。

 続いては、中高生が多くエントリーした「女性10代編」。緊張しつつも声はしっかり出ており、前向きなコメントをしていた参加者が多い印象だ。「女性20代以上編」では、誰にも言わずにオーディションに参加したという51歳の女性や、普段から仲が良いという底抜けに明るい女性2人組、ハスキーボイスが魅力的な女性など、様々な参加者が歌を披露していた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる