欅坂46 2期生 武元唯衣&田村保乃が語る、1期生との共演で芽生えた自覚と覚悟

欅坂46 2期生 武元唯衣&田村保乃が語る、1期生との共演で芽生えた自覚と覚悟

2期生は誰が誰といても違和感がない「楽な関係」(武元)


ーーオーディション期間の話についても聞かせてください。審査が一つひとつ進んでいく中、皆さんはどういうモチベーションで臨んでいましたか?

田村:欅坂46が本当に好きだったから「メンバーになりたい」という気持ちはもちろんあったんですけど、審査が進むにつれて「ヤバイ! どうしよう?」と急に不安になってしまって。

武元:私は親から「勉強をしっかりやりなさい」と言われて育ってきたんですけど、このオーディションを受けたきっかけ自体が周りの子が進路を決める中で、自分がしたいことが最後まで見つからないというのがあったから。それでいざオーディションを受けてみたものの、審査が進んでいくうちに「今まで勉強も頑張ってきたのに、このまま受かったら、親はどう思うんだろう?」と悩んでしまって。でも、その間にも欅坂46の曲は聴いていたので、聴くたびに「もうちょっとやってみたい、もうちょっと頑張りたい!」と思い直して最後まで進みました。

ーーそこでも欅坂46に背中を押されて。

武元:そうですね。やっぱりこのグループでパフォーマンスがしたいと、曲を聴くたびに思いましたし。

ーーでは、最終審査で合格したときはどういう気持ちでしたか?

武元:正直、本当に何も感情が湧いてこなくて。現実とは思えないということもあったと思うんですけど、めっちゃうれしいとかそういう気持ちでもなかった気がします。そのときはまだ所属するグループが決まってなかったので、だからこそ何も感情が出てこなかったのかもしれません。

田村:私も本当かどうかもわからなくて……実感もないし、頭が真っ白でボケーっとしていたと思います(笑)。

武元:合格した人は舞台に立つんですけど、そのときの記憶がほぼなくて。

田村:自分たちの前にたくさんの人がいて。

武元:司会の人が喋っていて、ライトで照らされていたのは覚えているんだけど……。

ーーそんなおふたりが「合格したんだ! この世界に入れたんだ!」と実感できたのは、いつ頃でした?

武元:今もそんなに実感は湧いていなくて。自分が「欅坂46 武元唯衣」と書くこともいまだに不思議な感じがしますし。でも、欅坂46への配属が決まってから、少しずつ気持ちが整理できてきたのかな。

田村:そうだね。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

ーー2期生の皆さんとはすぐに仲良くなれましたか?

武元:結構早かったよね?

田村:うん。配属が決まって顔を合わせたときから「ウエーイ!」ってはしゃいでいたし(笑)。

武元:距離感的に、誰が誰といても違和感がないんですよ。どこか固定で仲が良いわけではなくて、みんなが自分のペースでいられて。ひとりでいたいときは誰でもひとりでいられるし、誰と出かけても気を遣うこともないし、楽な関係ですね。

田村:みんなそうだと思います。

ーー年齢的には上と下で7つ離れていますけど、そこもギャップを感じることなく。

田村:みんな精神年齢は一緒ぐらいですよ(笑)。なので、私は今おねえちゃんになろうと頑張っているところです。

武元:2期生は20歳組(関有美子、田村、松平璃子)がホワッとしていて、最年少(山﨑天)が一番ガツンと行くので(笑)。

1期生との初共演は「優しさに泣いた1日」(田村)

ーー2期生は日本武道館で行われた『お見立て会』(2018年12月10日開催)がお披露目の場でしたが、おふたりはその前に『うたコン』(NHK/2018年12月4日放送)で1期生と一緒に「アンビバレント」をパフォーマンスしています。憧れていた人たちと同じステージに立つという、そのときの心境はどういうものだったんでしょう?

武元:今思い出しただけで、もうね……。

田村:この話をすると、いつも泣きそうになるんですよ(苦笑)。

武元:『うたコン』で私と保乃ちゃんと松田里奈ちゃんの3人が出演することが決まって、その日から生放送の直後まで、あの時期は毎日泣いていた気がします。

田村:うん。ずっと泣いてた。

武元:何の涙なのかと聞かれたら、その理由は……やっぱり「ごめんなさい」みたいな気持ちが強くて。

田村:「ここに入ってしまってごめんなさい」っていう。

武元:私たちが入ることで、今まであった欅坂46を壊してしまうんじゃないかと思って。しかも配属が公式発表された直後だったので、ファンの人からしたら「誰やねん?」みたいに思っていたんじゃないかって。「アンビバレント」は先輩たちがたくさん思いを込めて作り上げてきた曲だとわかっているからこそ、違和感のあるものにしたらダメだと思ったし、それが一番怖かった。初めて1期生さんと合わせたレッスンのあとも、みんな涙が止まらなくなってしまったんです。

田村:もっとここをこうすればとかそういうことじゃなくて、存在的な問題。ここにいたらダメなんじゃないかって。まだ1期生さんともちゃんと話したこともなかったから、余計に……。

ーーおふたりとも欅坂46に対する思いも強いですし、ファンの方の気持ちもよりわかるわけですものね。でも、実際にテレビで拝見しましたけど、違和感ゼロでしたよ。逆に、観ている途中で2期生が入っていることに気づいて、そのレベルの高さに度肝を抜かれたくらいでしたから。

武元:ありがとうございます。でも、それは1期生さんが本番直前にめちゃめちゃ話しかけてくださって、少しリラックスできたからかもしれません。1期生さんにも受け入れられているのかという不安を持っている中で臨んだので、その会話がなかったら私たちも100%のパフォーマンスはできていなかったと思うんです。スタンバイしているときから曲が始まる直前まで、ずっと背中をさすってくださって。

田村:それがなかったら、たぶんダメだったかもしれない。

武元:なので、本当に先輩のおかげだと思っています。私は両隣が長濱ねるさんと菅井友香さん、後ろが守屋茜さんだったんですが、皆さんがずーっとそうしてくださって。すごく安心して、ありがたかったです。

田村:私も楽屋で、離れたところに座っていた齋藤冬優花さんや上村莉菜さんが「こっちに座りなよ」と声をかけてくださって。そこから「どうして欅坂46に入ろうと思ったの?」とか率先して話かけてくださって、その優しさに私たちが号泣してしまって(笑)。

武元:本番前に2期生全員、一からメイクをやり直してもらうみたいな(笑)。

田村:でも、それで「こんなに思ってくださるんだから、絶対に頑張ろう!」という気持ちでパフォーマンスすることができましたし。スタンバイしているとき、隣の米谷奈々未さんが膝をトントンと叩いて「頑張ろうね?」と言ってくださったり、長濱さんもわざわざ後ろを向いて「頑張ろうね!」と言ってくださって、「もうやるしかない!」って思いました。で、終わったあとも、また号泣したんですけど(笑)。そうしたら守屋さんが「スタッフさん、ティッシュください!」と言って涙を拭いてくださったんです。

武元:「よく頑張ったね? ありがとう!」と言ってくださって、それにまた泣いて(笑)。

田村:優しさに泣いた1日でした。

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!