>  > 尾崎由香×40mP対談

2ndシングル『オトシモノ』リリース対談

尾崎由香×40mPが語る、初バラードから生まれた飾らない表現「歌詞の気持ちをそのまま伝えた」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 尾崎由香が、2ndシングル『オトシモノ』を12月5日にリリースした。尾崎は表題曲「オトシモノ」で初めてバラードに挑戦。1stシングル『LET’S GO JUMP☆』ではポップな曲に乗せて元気の良い歌声を披露したが、同曲は歌詞に描かれる切ない恋模様を情感たっぷりに歌い上げた。また、尾崎は「オトシモノ」でドラマ『今夜、勝手に抱きしめてもいいですか?』のエンディングテーマを担当。尾崎にとってドラマタイアップも初めてとなる。

尾崎由香 -「オトシモノ」アニメーションMV

 リアルサウンドでは、尾崎由香と「オトシモノ」の作詞作曲を担当した40mPにツーショットインタビュー。初めてバラード曲に挑戦した印象をはじめ、40mPから見た歌手としての尾崎由香の魅力、そしてお互いの音楽的ルーツや共通点など、広く語ってもらった。(編集部)【最終ページにチェキプレゼントあり】

40mP「表現力も含めて、すごく魅力的な声」

左から40mP、尾崎由香

ーードラマ『今夜、勝手に抱きしめてもいいですか?』のエンディングテーマを務める「オトシモノ」を聴いて、王道感がありながら、人の心に訴えるフックのある楽曲&歌声というマッチングの良さを感じました。尾崎さんは、初めて連続ドラマのエンディングテーマを担当すると聞いたとき、率直にどんな感想を持ちましたか?

尾崎由香(以下、尾崎):私は声優なのに、実写の連続ドラマのエンディングテーマを歌って大丈夫かな、というプレッシャーを感じました。同時に、ドラマは大好きでたくさん観てきていたので、すごくうれしかったですね。恋愛ドラマに合う楽曲と考えると、これまでとはまた違ったものが歌えるんじゃないかって、楽しみが膨らみました。

ーー初のバラードになりましたね。

尾崎:もともとバラード曲が好きで、「歌いたいです」ってリクエストしていたんです。それがドラマエンディングテーマということで、ありがたいなって。

ーー40mPさんは、アニメ『けものフレンズ』のキャラクターソング、「ドレミファロンド」以来のコラボになりましたが、あらためて“ボーカリスト・尾崎由香”についてはどんな印象をお持ちでしたか?

40mP:「ドレミファロンド」も含めて、やっぱりアニメーションのイメージが強くて、元気に可愛らしく歌われる方、という印象がありました。1stシングル曲の「LET’S GO JUMP☆」もノリノリな曲ですし、今回、ドラマエンディングテーマということで、どんな作品になるのか、お話をいただいた当初は、イメージがつかめないところがあったんです。ただ、カップリングされていた「僕のタイムマシン」を聴くと、かなり振り幅があることがわかるし、元気だけれどしっとり、という声もぴったりハマっていたので、そのイメージで曲を考えていきました。

ーー40mPさんはこれまで、多くのアーティストの楽曲提供してきましたし、「歌ってみた」動画も含めて、本当に多くの歌声に触れてきたと思います。そのなかでも、尾崎さんの声には特別なものがあるのではと思うのですが、どうでしょう?

40mP:僕が言うのも忍びないですが、可愛らしく元気な声、しっとりめの声だけじゃなくて、今回のバラードでもさらに幅を広げてもらって。表現力も含めて、すごく魅力的な声だと思います。

尾崎:恥ずかしい!(笑)。

ーー実際の制作については、まずドラマの内容を見て、というところでしょうか。

40mP:そうですね、まずドラマの台本をいただいて。そのときまでに仕上がっていたものを全部読ませていただいたのですが、わりと1話目を読んだくらいのところで、曲の構想はできていきました。

ーードラマの内容と共鳴するような、“過去への切ない執着”というイメージが伝わってきます。

40mP:ドラマやアニメなど、物語のあるものに対して楽曲を提供するとき、僕がいつもやる手法が、登場人物になりきる、というものなんです。この人だったらどんな言葉で語るだろう、と考えて。このドラマの主人公・(佐伯)莉子ちゃんは、幼馴染の(市原)柊二と再会して、どんどん恋に落ちていきますが、どちらかというと、再会する少し前に視点をおきました。ずっと彼のことを忘れられていないけど、その気持ちに、まだ明確には気付くことができていない、という。

ーーなるほど。確かに再会の前日譚という感じが、ドラマにつながりますね。尾崎さんは、この曲を受け取ってどう感じましたか?

尾崎:私も脚本を読ませていただいてからレコーディングに挑んだのですが、「莉子ちゃんの気持ちになって歌わなきゃ!」と考えていたなかで、気持ちがすごく汲み取りやすかったんです。私もすんなりと、この歌詞の物語の登場人物になれました。実際に歌う時は、言葉一つ一つを大切に、ということに集中できましたね。

ーーちなみに、楽曲の主人公に共感する部分はありましたか?

尾崎:そうですね。恋愛に限らず、私も小さい頃から忘れられず、大切に抱えている思い出がけっこうあるので。そういうことをなんとなく思い出しつつ歌っていたな、という感じがします。割り切れずに残ってしまう思いは誰にでもあると思いますし、それを思い出させてくれる楽曲だと思いました。

ーー40mPさんはどちらかというと、あまり過去にこだわらない、さっぱりとした性格だと思うのですが、歌詞は非常に繊細な描写がありますね。

尾崎:そう! どうやったらこんなに繊細に描けるんですか?

40mP:実体験をもとにすることはほとんどなくて、本当に主人公になりきる、という感じなんですよね。たぶん、これまで触れてきたドラマや映画などから、いろいろなキャラクターをミックスして、自分の中で主人公像を作り上げているんだと思います。

ーーそのなかで出てきた「オトシモノ」という言葉は、人生の機微が伝わる素敵なモチーフだと思いました。

40mP:言葉を紡いでいく中で、本当に自然に出てきたワードでした。変わっていく人生のなかで、その道筋では、得ていくものもあれば落としていくものもある。最後にひとつだけ、手のなかにのこったものが、一番大事なものなんだと。そういうメッセージをきちんと伝えられたら、という気持ちで言葉を選びました。

ーーそうしたメッセージについては、歌入れの前に二人で話したり?

40mP:していないですね(笑)。ディレクションは多少させていただくのですが、もともとあまり「こういう曲なんです!」と伝えることはしていなくて。歌詞を見て、その人が受け取ったイメージで歌ってほしいんです。

ーー多くの人が歌うことがある種の前提になっている、ボカロPらしいスタンスですよね。歌い手の感性に任せて、楽曲の魅力が広がっていくというか。「言葉を丁寧に」というお話がありましたが、楽曲を受け取った尾崎さんは、どんなことを意識して歌いましたか?

尾崎:自分のなかで、着飾っているものを一度取る、という感覚でした。着飾らずに、歌詞の気持ちをそのまま、自分の声で伝えるというか。

40mP:ちょっと聞きたかったんですけど、これまでの明るく元気な楽曲と「オトシモノ」だと、どちらが自然体でしたか?

尾崎:「オトシモノ」の方が自然ですね。等身大の自分に近いし、ナチュラルに歌声にメッセージを乗せられている感じがありました。

      

「尾崎由香×40mPが語る、初バラードから生まれた飾らない表現「歌詞の気持ちをそのまま伝えた」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版