>  >  > 米津玄師らソングライティング光るシンガー

森朋之の「本日、フラゲ日!」vol.122

米津玄師、GReeeeN、BIGMAMA……個性的なソングライティングが光る男性シンガー

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカート『遠い春』(CD盤)

 昨年10月に満を持してメジャーデビューを果たし、新世代のポップマエストロとしての評価を獲得しつつある澤部渡のソロプロジェクト・スカートからニューシングルが到着。表題曲「遠い春」は、つんのめるように疾走するビート、“揺れ”“隙間”を意図的に取り入れたバンドサウンドのなかで、思春期特有の葛藤、不安、希望をリリカルに映し出すアップチューン。洗練されたコードワークと生々しい手触りのボーカルのコントラストを含め、渡邊のソングライティングセンスを改めて示す楽曲に仕上がっている。インディーズ時代からの人気曲「返信」の再録バージョンも本作の聴きどころ。叙情的なソウルネスと呼ぶべき音像はまさにスカートの真骨頂だ。

スカート「遠い春」OFFICIAL MV

松室政哉『シティ・ライツ』(通常盤)

 温かさ、懐かしさ、切なさ、明るさが混ざり合った“王道のJ−POP”という言葉がぴったりの楽曲、アコースティックギターと歌を中心としたオーガニックな音作り、豊かな声量と卓越した表現力を備えた歌。山崎まさよし、スキマスイッチ、秦 基博などを擁する音楽プロダクション・オフィスオーガスタの伝統(?)を受け継ぐ、正統派のシンガーソングライター・松室政哉の1stアルバム『シティ・ライツ』は、街に生きる人たちの何気なくて大切な日々をテーマにした作品。デビュー曲「毎秒、君に恋してる」、渾身のバラードソング「海月」をはじめ、詩的な描写力とドラマティックな旋律を軸にした、質の高いポップソングが堪能できる。

松室政哉『シティ・ライツ』全曲ティザー映像

■森朋之
音楽ライター。J-POPを中心に幅広いジャンルでインタビュー、執筆を行っている。主な寄稿先に『Real Sound』『音楽ナタリー』『オリコン』『Mikiki』など。

      

「米津玄師、GReeeeN、BIGMAMA……個性的なソングライティングが光る男性シンガー」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版