>  > 立花理香が掴んだ“達成感”

『LIFE』

立花理香が自作詞曲で掴んだ“達成感” 「思いついたらやってみようという姿勢になれた」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 声優・立花理香が8月29日に2ndミニアルバム『LIFE』をリリースした。同作はデビュー作となった1stミニアルバム『Flora』の力強い印象から一転、“素の立花理香”が出た作品に仕上がっている。

 リアルサウンドでは前作に引き続き立花にインタビューを行い、自身が感じる成長や、初めて挑戦した作詞での手応え、作品に忍ばせた数々の私生活や趣味、などについて、じっくりと話を聞いた。(編集部)【※インタビュー最後にプレゼント企画あり】

 「私の普段の朝のイケてる部分だけを抽出してもらった」(立花)

ーー前作『Flora』はデビュータイミングということもあって、かなり気合いも入っていたと思うのですが、今作を聴いた時、どこか自信や余裕のようなものを感じました。

立花:前回は本当に手探りで、リリース直前まで「みんながどういう反応をするんだろう」という緊張の方がすごく強かったんですよ。でも、今回は早く聴いていただきたいし、発売日が楽しみに思えていますね。前作のようなカッコいい曲やコンセプトのアルバムを、色々なイベントで歌わせていただいたりする中で、皆さんが私が想像してなかった反応をしてくださったのもすごく新鮮で。

ーー前作リリース時には、「就活で自己PRをするような感覚」と話していましたが、3月のイベントではそんな自分を見つけたかのように振る舞っていたように感じました。

立花:確かに「あまりガチガチに作り込まなくていいのかもしれない」と改めて感じたし、肩の力が抜けたところはあったんです。「デビューさせていただくからにはうまくやらなきゃ」とか、自分の中の理想みたいなのもあったりしたんですけど、皆さんの反応を見たり感想を受け取る中で「あれ? こうじゃなくてもいいのかな」とか、自分で気づいてなかったところを好きと言っていただけたりとか。色々受け取ったうえで、感謝や楽しかった気持ちを何かでお返ししたいとは思ったんですよ。それを歌詞にしてみたくて、「今回作詞させてください」という話をして、作品づくりに繋がっていきました。

ーー今作での作詞は、ご自身で志願したものだったんですね。

立花:前回のリリースイベントの会場で「いつか歌詞とかも書けたらいいね~」みたいにふわっと話はしてたんです。でも、今回の作品に収録する曲の候補を聴いていったなかで、「TUNE UP」のデモ曲を聴いたときに「この曲の歌詞を自分で書けたら、感謝の気持ちも伝わるのかな」と思って、「これを書かせてください」と言ったことがきっかけになりました。

ーー全体のコンセプトは“LIFE”ということですが、これはどのように決まっていったんですか?

立花:前回がカッコいい感じの作品だったので、今回は身近に感じて欲しくて『LIFE』というコンセプトとアルバムタイトルにしました。イベントでは色々なハプニングもあったんですけど、それも一緒に楽しんでいただいているファンの皆さんを見て、素に近い自分を作品で出してみるのもいいかな、と思ったんです。

ーーそのコンセプトにふさわしい作品になっていると思います。立花さんのパブリックイメージにもピッタリですし、楽曲は今回も中土智博さんが統一感のあるアレンジを施していますね。

立花:今回も相談に乗っていただきましたし、2度目のタッグというところで、よりふざけてもらったところもありました(笑)。そういえば、中土さんから今回の2枚目のアルバムを振り返ってお話をしていた時に「どこかのタイミングで歌の感じが変わったよね。今までにないニュアンスをつけてきたりしたけど、何かあった?」って聞かれたんです。自分で作詞した曲をレコーディングしたのが割と早い順番だったんですけど、その辺りから変わったように見えたみたいで。

ーー個人的にも「Brand New」を含む頭3曲を聴いて、前作とは全然違う印象を受けました。キャラソン的な演じる歌い方と、素の歌い方の中間で、自然体でもあるんだけど可愛らしさもあるような。

立花:嬉しい。確かにそうかもしれませんね。今回のレコーディングでは、前回ほど「曲のそれぞれに主人公を立てて考える」ということをしなかったんですよ。それに、以前までだったらファルセットにして音を当てにいってたところを、少し違う歌い方に変えて、違うところから声を出してみたら意外とハマったり。

ーーそういう「選択肢が増えた」感覚は大きかったんでしょうね。

立花:自分のなかにあったけど使えなかった表現という意味では、開けられる引き出しが増えた、みたいな感覚が近いのかもしれません。キャラソンのレコーディングで「ニュアンスをこうしてください」というディレクションを受けて悩むことも多かったんですけど、ソロデビュー以降は、同じことを言われても「なるほど!」と自分のなかで理解できるようになったりしました。あと、自然体にできるといえば、私の私生活や日常に触れてもらえるようなコンセプトで作っていて、作詞家の方にも私の話をヒアリングしていただいた上で歌詞を書いてくださったのも大きいと思います。

ーーそれが良い方向に作用していますね。

立花:我ながらいいコンセプトでしたね(笑)。

ーーご自身の私生活をお話ししてそこから歌詞を書いてもらうというのは、立花さんが作詞された曲以外はすべてそうなのでしょうか。

立花:そうですね。例えば「Brand New」だと、「朝仕事に行く時は、かならず音楽を聴きながら行きます」という話を歌詞の中に入れていただいていたり。

ーー「Brand New」はなんというか、すごくイケてる女性像を描いた歌詞ですね。

立花:(指を鳴らしながら)そうなんです。私の普段の朝のイケてる部分だけを抽出していただきました(笑)。前作もそうだったんですけど、私の中身を知ってくださってる方が聴くと思わず笑ってしまうような歌詞だし、初めて知ってくださる方には「そういう人なんだ」と受け取っていただけるような曲になっているんですよ。

「立花理香が自作詞曲で掴んだ“達成感” 「思いついたらやってみようという姿勢になれた」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版