>  >  > 鬼龍院翔&Toshlコラボの必然性

鬼龍院翔&X JAPAN Toshlがコラボする必然性 ふたりの関係性から読み解く

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 また、ゴールデンボンバーとしての活動以外にも、ソロ名義での楽曲リリースやライブをはじめ、スピッツのトリビュートアルバムへの参加など、ソロ歌手としての活動も精力的に行っている鬼龍院。高音から低音まで自由自在に使いこなし、激しいライブパフォーマンスにも対応できる歌声は、業界内外でも一定の評価を得ている。そして今回披露される「Say Anything」は、1991年にリリースされた『Jealousy』に収録されているバラードナンバー。高音パートが重なる難易度の高い楽曲であり、レコーディング当時にToshlが吐血したという逸話もあるほど。10月には、ニコニコ生放送でToshiと川畑要(CHEMISTRY)が同曲のコラボパフォーマンスを披露。その際はToshlの弾き語りバージョンだったが、ふたりの歌声が見事な調和を見せていた。今回コラボで、鬼龍院とToshlの歌声が化学反応を起こすのか、期待しているファンも多いだろう。

 ちなみに、近年のToshlは、バラエティ番組やコミカルな企画にも意欲的に参加している。Toshiがスイーツの食レポを行う初の冠番組『XJAPANToshlスウィーツKURENAI』や、X JAPANの裏話を語るトークなど、ファンの間でも大きな話題を呼読んだ。そういったファンに対するサービス精神の良さも、ふたりに共通している部分と言える。もしかすると今回のステージでも、あっと驚くような演出があるかのかもしれない。

(文=泉夏音)

      

「鬼龍院翔&X JAPAN Toshlがコラボする必然性 ふたりの関係性から読み解く」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版