>  > 河西智美が語る、新たなスタート

アルバム『STAR-T!』インタビュー

河西智美が語る、シンガーとしての新たなスタート「ありのままの自分で勝負していきたい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 間もなくソロデビュー5周年を迎える河西智美が、キャリア初となるフルアルバム『STAR-T!』を11月15日にリリースした。既発シングル曲に多彩な新曲群を加えたその内容は、彼女の“これまで”と“これから”をしっかりと感じさせる仕上がりとなっている。たっぷりの成長を詰め込み、シンガーとしての新たな“スタート”を刻んだ本作は果たしてどんな思いで作り上げられたのか? 歌うことをこよなく愛する河西智美にじっくりと話を聞いた。(もりひでゆき)

成長を実感できた

ーーソロとして初のアルバムがついにリリースされました。まさに「待望」という言葉がふさわしいかと。

河西智美(以下、河西):そうですよね。CDのリリース自体、お久しぶり感がとてもあるので(笑)。でも、やっとここまで来れました! アーティストとしてアルバムを出すことがひとつの目標ではあったし、ファンのみなさんも「アルバム、いつ出るの?」ってずっと待ってくれていた状況だったので、今は本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。曲が一気に増えたので、ライブも楽しみです。

ーーバラエティに富んだ楽曲群で、河西さんの様々な表情が楽しめる1枚になっています。

河西:最初のアルバムは、「河西智美はこんなことができますよ」っていう名刺みたいな内容になったらいいなってずっと思っていたところがあって。結果として、それがちゃんと叶ったなと思います。いい意味でとっ散らかった(笑)、幕の内弁当みたいなアルバムなんですけど、かわいい曲からかっこいい曲まで7変化のように歌い分けられるっていう自分の強みはちゃんと出せたかなと。今まで出してきたシングル曲はもちろん入ってますし、それ以外にも初めてチャレンジするタイプの楽曲や自分で作詞した曲もある。そういう意味ではいろんな河西智美がギュッと詰まっているので、おなかいっぱいになってもらえるんじゃないかなって思います。

ーーアルバムはソロデビュー曲「まさか」からリリース順に既発曲が並べられ、そこからアルバム用の新曲に流れていく構成になっています。だからこそ河西さんのシンガーとしての歴史や、そこで手にした成長が鮮明に実感できたところがあって。

河西:アイドル時代の私、まだキャピキャピしてた頃の私を好きで応援してくれている方がたくさんいらっしゃることはわかっていたので、まずはシングル曲を並べることでその方たちを置いていかない内容にしたいなと思っていたんです。その上で進化している河西智美もしっかり感じてほしかったので、こういう並びにしたんですよね。

ーー歌声の変化が顕著だと感じたのですが、ご自身ではいかがですか?

河西:あ、それは私も感じますね。AKB48としてデビューした当初はもう虫みたいな、モスキート音みたいな声だったんですよ(笑)。その声を特徴的だと言ってくださる方も多かったんですけど、自分ではコンプレックスに感じていたところもあって。でも最近は、年齢を重ねてきたからなのかちょっと低い声が出るようになってきたんですよ。「あ、ちゃんと大人になってきてるじゃん!」って自分の成長を実感できました。

ーーアルバムに入っている新曲ではすごく大人っぽい声の表情が出ていますからね。

河西:ありがとうございます! ただ、そういった成長は大切にしつつも、昔の歌い方をまったくなくしてしまうのはちょっと違うかなという思いもあって。今回のレコーディングでは、そのあたりのバランスを取るのがちょっと難しかったです。

ーーなるほど。昔のかわいい歌声を愛してくれているファンの方もいるわけだから。

河西:そうですね。そういう方からしたら大人っぽい歌声ばかりだとちょっと寂しく感じてしまうのかもなって思ったんです。でも普通に歌うとどうしても大人っぽくなってしまうところもあったので、「もうちょっとかわいく歌ってみてください」ってリクエストされることもあって。今までは意識せずともそういう声が勝手に出てたから。そういう部分でだいぶ苦戦したところもありましたね。でも歌える曲の幅が広がったことは間違いないので、それは純粋に嬉しいです。


ーー河西さんはAKB時代を含めると11年、ソロとしても5年のキャリアがあるわけですが、その間に歌への向き合い方には何か変化ってありましたか?

河西:AKB48に入った当初、私はレコーディングにもすごく時間がかかるし、歌があまり上手じゃない方だったんですよ。でも歌うことは昔から大好きだったから、活動を続けていく中で「上手くなりたい」という気持ちが強まって、ボイトレを受けるようになったんです。それを1年くらい続けたときにたまたまソロデビューの話が決まって。

ーー努力が認められたということなんでしょうね。

河西:そうだったのかもしれないです。ソロになってみると、当然1人で歌うことになるわけなので、歌に対してより真剣に向き合うようにもなって。ボイトレはずっと続けていましたし、歌の勉強のために海外に行ったこともありました。そうしていく中で少しずつ歌い方にも変化が表れてきたし、自分なりの歌い方を見つけ始めることができたんじゃないかなと思っています。

ーーソロ活動の中で、ご自身の意識がより高まるきっかけになったターニングポイントもあったのでしょうか?

河西:ありました。それは2014年にリリースした3枚目のシングル「キエタイクライ」ですね。表題曲としては初めて秋元(康)さん以外の方の歌詞だったんですよ。

ーーキマグレンのKUREIさんが作詞、ISEKIさんが作曲を手掛けたナンバーでしたね。

河西:キマグレンさんに曲を書いていただけることになったのは本当に嬉しかったんですよ。新たなことにトライできる喜びもあったから。ただ、いただいた曲はそれまで歌っていた曲とは曲調も歌詞のテイストも全然違っていたので、全然上手に歌えなかったんですよね。レコーディングでも苦戦したし、歌番組の後に楽屋で泣いたこともありました。今までは秋元さんに歌詞をいただいて、顔見知りのスタッフの方々の中でレコーディングを行っていたわけですけど、ちょっと違った環境になると私は全然なにもできなくなるんだなってことに気づいたというか。それが本当に悔しかったんです。

ーーそのことが歌に対してより真剣になるきっかけになったと。

河西:すごく大きなきっかけだったと思います。その出来事があったからこそ、アーティストとして幅広くいろんな曲を歌えるようにもなったのかなって。今振り返ると、あそこで悩み、葛藤したことで、ひとつ階段を上れたような気がします。

ーー河西さんの“これまで”と“これから”が詰まっているアルバムですからね。ファンの方もきっと喜んでくれるでしょうね。

河西:そうだったら嬉しいですね。さっきも言いましたけど、今回はけっこう大人っぽい曲も入っているので、そこはぜひ聴いてほしいです!

      

「河西智美が語る、シンガーとしての新たなスタート「ありのままの自分で勝負していきたい」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版