異色の“デジタル声優アイドル”、22/7の持つ可能性とは? メンバーインタビューから紐解く

異色の“デジタル声優アイドル”、22/7の持つ可能性とは? メンバーインタビューから紐解く

「私、もともと友だちなんていらないと思ってたんですよ(笑)」(西條)

ーーそしてもうひとつのカップリング曲「11人が集まった理由」。こちらは初めてのメンバー11人全員による歌唱曲になります。

帆風:私は初めて聴いたときに泣いてしまいました。もちろんいままでの曲も私たちのことを書いていただいていたんですけど、この曲の〈人見知り同士だね〉という歌詞は、本当に私たちが出会ったときのことを思い出させてくれるんです。いまでこそみんな仲良くて、ふざけあったりもするんですけど、初めて11人で集まってレッスンをしたときは、みんな人見知りだったので誰もしゃべらなくて(笑)。〈さあこれから どこへ行こう?〉っていう部分も、そんな11人でこれから明るい未来に向かうイメージがあって。

花川:私も最初、電車のなかでこの曲を聴いたんですけど、もう涙が止まらなくて……。いままでは8人の歌声しかみなさんに届けられていなかったんですけど、この曲でようやく22/7全員の歌声をみなさんに届けられることができて、すごく嬉しかったです。

西條:私は歌詞の〈誰かといるのは嫌だった/それでもみんなといるのが/なぜか幸せに思う〉という部分にすごく共感してしまって。私、もともと友だちなんていらないと思ってたんですよ(笑)。人に合わせるのが苦手だし、普段は素の状態でいることが多くて。でも、22/7のメンバーは私が素の状態でいても受け入れてくれるんです。本当にこの11人でよかったなって思います。

ーー初ライブのときに「CDデビュー」「アニメ化」「11人楽曲収録」のサプライズ発表がありましたけど、みなさん11人楽曲の決定がいちばん嬉しそうでしたものね。

帆風:なにも知らされてなかったので、本当に嬉しかったです。11人曲の収録が発表された時点で「ウワーッ!」ってなっていたので、その後、客席にいた3人がステージに上がってきたのを見て驚いてしまったぐらいで(笑)。本当にあのときは、言葉にできないぐらい、ただただ嬉しかったです。

ーーまずは今回のシングルで、みなさんが結成時から掲げていた「11人でデビュー」という目標を達成して、この先には念願のアニメ化も控えていますね。

花川:アニメではキャラクターに声で命を吹き込まなくてはいけないので、ちゃんと一人前の声優としてキャラクターの良さを引き出せるようになりたいし、みなさんにキャラクターの良さを発見してもらえるようにがんばりたいです。これから声優さんとしての技術を伸ばしていかなくてはいけない責任を感じています。

帆風:MVではキャラクターたちがメインで出ていますし、これからはキャラクターをきっかけに22/7のことを好きになってくれる人が多くなると思うので、そのためには私たちが声優としての演技をもっと磨いていかなくてはと感じています。それに私たちはアニメとは別にモーションキャプチャーでキャラクターの動きも担当しているので、そういった部分からもキャラに寄り添っていけたらと思いますね。

ーー西條さんは、もともと声優という職業を意識されていなかった分、いっそうの心構えが必要になってくるかと思いますが。

西條:アニメ化が決まったときは、嬉しいというよりもどうしようっていう気持ちが強くて(笑)。でも、私はみうちゃんが大好きで、彼女がみんなに愛されてほしいと思いますし、そのためには私がちゃんとしないといけないという責任を感じているので、がんばらなきゃいけないなと思います。

ーー「11人が集まった理由」で〈何でもできる気がする11人〉と歌われていますが、この先11人でどんなことに挑戦していきたいですか?

帆風:グループのコンセプト自体が「デジタル声優アイドルグループ」というかつてないものなので、たぶん私たちも知らない可能性がまだまだあると思うんです。なので、私たちの想像のつかないようなことを、この11人でチャレンジしていきたいです!

(取材・文=北野創/撮影=稲垣謙一)

■チェキプレゼント

22/7(花川芽衣、帆風千春、西條和)のサイン入りチェキを2名様にプレゼント。応募要項は以下のとおり。

応募方法 

リアルサウンドの公式Twitterをフォロー&本記事ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンドTwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。
※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

リアルサウンド 公式Twitter

<応募締切>
9月24日(日)まで

■リリース情報
『僕は存在していなかった』
発売日:9月20日(水)
価格:完全生産限定盤 Type-A ¥1,667+税
完全生産限定盤 TypeB ¥1,204+税

【完全生産限定盤 Type-A】※1万枚限定リリース
内容:CD+DVD+トレカ(キャラクター全8種のうちランダムで1枚を封入)
封入特典:「イベント参加券 or スペシャルプレゼント応募券」1枚封入
※イベント or スペシャルプレゼントの応募方法など詳細は後日オフィシャルサイトにて発表。

【完全生産限定盤 Type-B】※1万枚限定リリース
内容:CD+トレカ(アーティスト全11種のうちランダムで1枚を封入)

〈CD収録曲〉※Type-A/Type-B共通
1、僕は存在していなかった
2、地下鉄抵抗主義
3、11人が集まった理由
4、僕は存在していなかった -off vocal ver.-
5、地下鉄抵抗主義 -off vocal ver.-
6、11人が集まった理由 -off vocal ver.-

〈DVD収録内容〉※完全生産限定盤 Type-A限定
「僕は存在していなかった」-music video-

■関連リンク
22/7オフィシャルHP
22/7スタッフTwitter

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる