>  >  > 宮脇咲良はHKT48の“切り札”となるか?

宮脇咲良はHKT48の“切り札”となるか? 松井珠理奈らと担うAKBグループの次世代

関連タグ
AKB48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HKT48『バグっていいじゃん』TYPE-A

 今年の『AKB48 49thシングル 選抜総選挙』において、指原莉乃(HKT48 / STU48)の“ラスト総選挙”、渡辺麻友(AKB48)のグループからの卒業で、次の世代へのバトンの受け渡しが一般の層へも伝わったように思える。その次の世代とは、これからのAKB48グループの顔となるメンバー。松井珠理奈(SKE48)、宮脇咲良(HKT48 / AKB48)などがそれに当てはまる。特に、宮脇はAKB48グループの中での自身の立ち位置を追求し、HKT48のトップを背負っていくメンバーだ。

 宮脇は、2012年の総選挙への参加から一度も順位を下げることなく、今年の第4位まで駆け上がってきた。総選挙のステージに上がった宮脇は、「私は選抜総選挙を通して結果ではなく、過程が自分の自信に繋がるんだなと凄く感じました」とスピーチしている。宮脇は、HKT48では「12秒」、AKB48では「希望的リフレイン」、「願いごとの持ち腐れ」などで数多くのWセンターを経験。中でも、前田敦子や大島優子を両脇に据えたAKB48、10周年のメモリアルシングル『君はメロディー』での単独センターは、彼女にとってもターニングポイントであった。ほかにも、いくつもの雑誌の表紙を飾り、『キャバすか学園』(日本テレビ)、『豆腐プロレス』(テレビ朝日系)では主演を務めている。

 そんな彼女は、責任感も人一倍強い。「願いごとの持ち腐れ」にて、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した際、宮脇はセンターである自分が何も話せなかったと、放送後のSHOWROOMで涙ながらに語っていた。坂道AKBとして同じステージにも立っている乃木坂46、欅坂46の坂道シリーズの勢いについて、インタビューで言及することもある宮脇。どうすればAKB48が今以上に話題になるのか、センターとして認められるのか。今、指原や渡辺が背負っている「AKB48」という世間からの看板は、あまりにも重い。その重さを分かり過ぎているからこそ、宮脇は今の立ち位置に満足せず、指原の背中に少しでも近づこうとするのだろう。

 指原、宮脇をHKT48のトップとして見た時、総選挙の順位で次点に来るのは第28位の田中美久となる。宮脇の言葉通り、必ずしも総選挙の結果が全てではないが、HKT48は議席数では昨年から3人少ない16人。認知度では宮脇の次が育っていないのが現状だ。先日、冠番組『HKT48のおでかけ!』(TBS系)が4年半の歴史に幕を閉じたのも、グループにとっては大きな出来事だ。メンバーの知られざる個性を発掘し、なんと言ってもMCである後藤輝基(フットボールアワー)とグループの相性は抜群であった。「TRM(てるもと)48」と呼ばれる後藤のお気に入りメンバーになれば、必然的に露出も多くなるという面白さもあり、中でも松岡はなは後藤のおかげで花開いたと言っても過言ではない。

      

「宮脇咲良はHKT48の“切り札”となるか? 松井珠理奈らと担うAKBグループの次世代」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版