>  > Machico×このすばOP曲作家陣特別鼎談

Machico×岡野裕次郎×園田智也『SOL』リリース記念鼎談

Machico×作家陣、新作『SOL』で示した多面性「普段とは違う、“大人っぽさ”も見せたい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Machicoは、作家にとってありがたい存在」(園田)

Machico×作家陣、新作『SOL』で示した多面性「普段とは違う、大人っぽさも見せたい」の画像5

 

ーーせっかくなので、岡野さんと園田さんにもお互いの印象をおうかがいできればと思うのですが。

岡野:「fantastic dreamer」は、ポップでストリングスも効いていながらもバンドサウンドなので、僕の中でもどヒットな曲でしたね。さっきも「凝ってる曲」とおっしゃってましたけど、僕はそういうのがあまり得意じゃないので、すごく憧れているというか。こんなキメできるんだとか、テクニカルな部分に惹かれます。自分も作れるものなら作ってみたいな。

園田:いやいや、絶対できますよ(笑)。僕も、「TOMORROW」は正直やられたって思いました。楽曲の募集があった際に、実は僕も何曲かエントリーさせていただいてたんですよ。それで、最終的に選ばれた「TOMORROW」を聴いて、「こっちだったか!」ってなって。あと、サビの後半のMachicoちゃんの歌がすごく気持ちいいですよね。俺、あの部分がすごく好きだし、PVを見ながら思わず「ウェイ!」って手をあげちゃいます。

岡野:っていうか、あそこはよく歌えましたよね(笑)。なかなか出る高さじゃないので。

園田:あれ、どれくらい?

岡野:Fぐらいですね。

園田:えっ、そんなに出るの? すごいね。普通の人がカラオケで歌うとツラいでしょ。

Machico:さすがにFは高かったですね……。

岡野:基本的には、女性のトップはCですからね。

Machico:なのに、Bメロはめっちゃ低いんですよ! だから余計に難しかったんです。

園田:なるほど、レンジがすごく広いのか。

岡野:すごい下からグーンと上がってきますからね。本当に、無責任に作らせていただきました(笑)。でも、Machicoさんが歌うっていうことがわかっていたから、きっと大丈夫だろうと信じて作ったんです。とはいえ、最初のプリプロの時はドキドキしていたんですけど、見事歌っていただけたので「全然いけるじゃん!」とびっくりしました。

ーー普段ほかのアーティストさんに楽曲提供する際よりも、チャレンジングに作ったということでしょうか?

岡野:そうですね。かなりチャレンジしました。

園田:Machicoちゃんが歌い手だと、可能性が見えるっていうことですよね。

Machico×作家陣、新作『SOL』で示した多面性「普段とは違う、大人っぽさも見せたい」の画像6

 

Machico:私、期待のプレッシャーは大好きなので、そう言っていただけるとすごく嬉しいです。「できるの?」って言われたら、「やります!」ってなるタイプなんですよ。だから、そういう風に期待していただけるのはありがたいです。

ーータイアップとそうでない楽曲提供などで制作プロセスに違いはあったりしますか?

園田:作る側からすれば、タイアップだと絡む人間が増える分、プロセスがひとつ多いんですよ。各所からOKが出ないと前に進むことができないので。

ーーでは、心構えとしてはそれほど変わらない?

園田:うーん……もちろん変わるところもあるんですけど、結局は自分の芯をブラさないで作品やアーティストに寄り添わせるといった形になるので。

岡野:1曲を作るエネルギーで言えば、それほど変わらないんですよね。なので、気持ちとか心構えはある程度同じです。ただ、アニメのOPとかだと尺が決まっていて、だいたい1分30秒の中に楽曲のおいしい部分を全部入れないといけません。ワンコーラスがちょうどよく1分30秒になるという奇跡はほぼないので、そこは考えて作っています。

園田:確かに、タイアップだと、そういった物理的な制約を意識することの方が大きいですね。

岡野:なので、そういう意味ではキャラソンやアーティスト提供の方が、楽曲構成も自由にできるし、やりやすいといえばやりやすいですかね。

Machico×作家陣、新作『SOL』で示した多面性「普段とは違う、大人っぽさも見せたい」の画像7

 

ーーMachicoさんはアーティストとして歌う以外に声優としてキャラソンも担当されていますが、そのあたりはどのように歌い分けてますか?

Machico:私はもともと歌手に夢見ていたということもあって、アーティストとして歌う時には、特に難しさや迷いはないですね。声優としてキャラソンを歌う時は、自分の技術を全面に出すことはしないです。キャラクターとして臨んでいるので、“Machicoらしさ”っていうのを出したくないと思ってます。結果的に「Machicoちゃんらしいよね」って言われたとしても、自分は技としての“Machico”に逃げたくないんです。キャラクターの立場でいろんなものを歌えるよう、いつも一本線を引いているつもりです。

ーー作家のおふたりから見て、声優アーティスト業界の中でMachicoさんはどのような立ち位置なのでしょうか?

園田:やっぱり、声優さんっていうのはシンガーさんではないわけですよ。なので、作曲する時には音域やリズム、曲調に制限が出がちなんです。でも、Machicoちゃんの場合はそういう制限をあまり考えずに、フルで考えた作品を渡せるのでとてもありがたいです。

岡野:本当にそうだと思います。あとは、僕は“アーティスト・Machico”としかまだ一緒にお仕事をさせていただいてないこともあって、すごく素直に「アーティストだな」っていうイメージを持っています。

園田:僕もそうですね。キャラソンを歌っているところも一回見てみたい。

Machico:今後、おふたりともぜひ声優方面でもお仕事をできたらいいなと思います!

Machico×作家陣、新作『SOL』で示した多面性「普段とは違う、大人っぽさも見せたい」の画像8

 

(取材・文=まにょ/撮影=石川真魚)

■リリース情報
『SOL』
発売中
初回限定盤(CD+Blu-ray)¥4,000(+税)
通常盤(CDのみ)¥3,000(+税)

<CD収録内容> ※初回・通共通
1.ワイルドカード
2. OVER HEAT
3. fantastic dreamer
4. 紅花火
5. キミコンパス
6. マケズギライなThank you
7. 摩天楼グッバイ
8. 勇気のつばさ
9. ココロメロディー
10. ラブ★スト
11. TOMORROW
12. カーテン

<Blu-ray収録内容>
1. OVER HEAT MV
2. OVER HEAT メイキング映像
3. fantastic dreamer MV
4. 勇気のつばさ MV
5. TOMORROW MV

■イベント情報
5月27日(土)14:00スタート(13:30開場)会場:AP秋葉原
6月3日(土)12:00スタート 会場:アキバ☆ソフマップ1号店 8Fイベントスペース
6月4日(日)15:00スタート 会場:タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース
6月10日(土)12:00スタート 会場:アニメイト秋葉原
6月10日(土)16:30スタート(16:00開場) 会場:とらのあな秋葉原店C 4Fイベントスペース
6月11日(日)11:00スタート 会場:アニメイト広島
6月11日(日)15:00スタート 会場:HMV広島本通 店内イベントスペース
※参加方法は公式サイトにて。

■ライブ情報
Machico Live Tour 2017『DAY’S melody:』

7月15日(土)愛知 SPADE BOX 開場17:00/開演17:30
7月16日(日)東京 渋谷クラブクアトロ 開場 16:00/開演17:00
7月22日(土)大阪OSAKA MUSE 開場 16:00/開演17:00
7月23日(日) 広島 セカンド・クラッチ 開場16:30/開演17:00

チケット代:¥4,500(オールスタンディング・女性エリア(税込)・整理番号有)
※ライブに関する詳細、注意事項などは公式サイトにて。

■関連リンク
MachicoオフィシャルHP
Machcioオフィシャルブログ
◆Machico日本コロムビア特設サイト

「Machico×作家陣、新作『SOL』で示した多面性「普段とは違う、“大人っぽさ”も見せたい」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版