>  > 黒木啓司が語る、九州への思いと夢

『THE NINE WORLDS presents 九楽舞博多座』インタビュー

黒木啓司が語る、九州への思いと描いた夢「EXILEエンタテインメントで化学反応を起こしたい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゆくゆくはアジアの人も巻き込んで活動していきたい

20170330-kk12.jpg

 

ーーところで、『九楽舞博多座』では、EXILE TAKAHIROさんやEXILE NESMITHさん(EXILE THE SECOND)は出演、YURINOさん(Happiness、E-girls、スダンナユズユリー)はグッズモデルを務めるといったかたちで、九州出身のメンバーが全面的に協力されています。みなさんも啓司さんのように地元愛は強いのでしょうか?

黒木:THE RAMPAGEにも九州出身が5人いますが、みんな地元愛はあります。でも、僕もそうだったんですけど、年齢をある程度重ねた方が地元への感謝の気持ちは強くなるんじゃないかなと。親のありがたみって年を取らないとわからないじゃないですか。それと一緒で。今回のイベントで、年上である僕が先陣を切って地元に恩返しすることで、その姿勢を若いメンバーにも伝えていきたいと思っています。

ーー啓司さんは上京する前、地元ではどのように過ごしていましたか。

黒木:宮崎で生まれてすぐに大分に引っ越して、小学校6年生まで住んでいました。その後中学から22歳までは宮崎に戻って、ほとんど野球に明け暮れていましたね。そんななか、HIROさんが所属していたZOO、「ダンス甲子園」のLL BROTHERSさんやインペリアルJB’Sさんのパフォーマンスを見ていて、ダンスはずっとやりたいなと思っていました。それから目指していたプロ野球選手という夢が途絶えてしまい、ダンスを始めたのが19歳の頃。僕はHIPHOPカルチャーが好きでダンスを始めたわけではなく、体を動かしたい、踊りたいというところからカルチャーを好きになって。それこそダンスを始めるまではロックを聴いていましたし。洋楽を聴いていた兄貴の影響もあって、唯一マイケル・ジャクソンのCDだけは持っていました。

ーー当時の印象も含めて、九州のエンタテインメントシーンについてはどう感じていますか?

黒木:音楽は濃いものが生まれているとは思います。でも、アーティストがライブをしても、移動の問題だったり、参加するまでのハードルが少し高い印象がある。だからこそ、僕はよりウェルカムな環境のイベントを作っていきたい。時間帯によって子どもたちのオーディションをやったり、バンドやシンガーが出られる時間があったり、アーティストがそこで何かできるシステムがあってもいいと思うんです。お客さんも普通にライブを観るんじゃなくて、もっとライブの中に入り込んでもらう。地元の人と一緒に作り上げる九州密着型。例えば、そういったものを宮崎からスタートして移動式にするのも面白いかなとか。ただ、宮崎は陸の孤島と言われていて、新幹線が通っていなかったりする。そういうことにも働きかけながら、EXILEエンタテインメントを広げていきたいですね。それと、LDHは飲食やファッションブランド、事務所が中目黒に集まっているんですけど、こういうシステムを福岡に持っていったら面白いなとも思っていて。それが熊本や宮崎にもできていく。僕は調理師免許を持っているのでいずれ飲食もやりたくて、いろいろな方々と関わらせていただいているんです。

ーーなるほど、想像以上に大規模なプロジェクトなんですね!

黒木:今は頭の中にあるだけで、それがどうつながるかはわからないですけど……。

ーーイメージを膨らませていくことがお好きなんですか?

黒木:好きですね。

ーーそんな啓司さんのあらゆる夢が詰まった「THE NINE WORLDS」プロジェクト、今後の展望を改めて聞かせいただけますか。

黒木:まずはイベントやフェスをやったり、いろんな人たちとつながるということ。「THE NINE WORLDS」はまだパフォーマーの僕とDJ SOULJAHしかいないので、いろいろな方にサポートや協力をしてもらって、九州をまわりたいと思っています。人材発掘もしてみたい。九州って綺麗な女の子やかっこいい男の子が多いので。また、僕は日本の入り口、アジアの入り口は福岡だと思っていて、2020年の東京オリンピック以降、日本がさらに注目されるなかで、九州はアジアの人にもっと注目されると考えています。そこでエンタテインメントをやってみたいという気持ちも「THE NINE WORLDS」の立ち上げにつながっています。アジアのアーティストともつながって、ゆくゆくはアジアの人も巻き込んで活動していきたいですね。

ーー最後に『九楽舞博多座』への意気込みをお願いします。

黒木:初日が開けてみないとわからないですけど、とにかく頑張るしかない。そして、今回来てくれる人も来れない人もまた「観たい!」と思うようなイベントに、そしてツアー化できたらいいなと思います。

20170330-kk11.jpg

 

(取材・文=久蔵千恵/写真=石川真魚)

■公演情報
『THE NINE WORLDS presents 九楽舞博多座』
会場:博多座(福岡)

日時:3月31日(金)18:00/19:00
4月1日(土)13:00/14:00、18:00/19:00
4月2(日)13:00/14:00、18:00/19:00

出演:EXILE/EXILE THE SECOND黒木啓司、DJ SOULJAH、EXILE TAKAHIRO、EXILE THE SECOND、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE

チケット料金:全席指定¥8,000(税込)

THE NINE WORLDS Twitter
THE NINE WORLDS Instagram
月刊EXILEオフィシャルサイト
AbemaTV

      

「黒木啓司が語る、九州への思いと描いた夢「EXILEエンタテインメントで化学反応を起こしたい」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版