>  >  > JUMP有岡&髙木の“粋なふれあい” 

佐藤結衣の『ラジオdeジャニログ』

JUMP 有岡&髙木、ラジオ番組での“粋なふれあい” NEWS 増田や嵐 二宮との交流を振り返る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hey! Say! JUMP有岡大貴と髙木雄也のラジオ番組『JUMP da ベイベー!』(bayfm※毎週金曜深夜放送)では、番組の枠を越えた先輩後輩のやりとりでファンを喜ばせてくれている。

NEWS・増田貴久とのご近所付き合い的交流

 まずは、『JUMP da ベイベー!』の直前にオンエアしている、ラジオ番組『増田貴久 MASTER HITS』(bayfm)。2015年4月、放送開始2周年を迎えた『JUMP da ベイベー!』に増田がゲストコメントを寄せたことをきっかけに、交流が盛んになっていった。増田の誕生日には有岡と髙木からお祝いのコメントをしたり、増田がJUMPの曲を流したり、と徐々に垣根が取り払われていった印象だ。

 2017年1月27日放送の『MASTER HITS』では、増田がスタジオの前を通りがかった有岡と髙木に「ちょっと出てよ、一緒に」と呼びかけ、すんなりゲスト出演が実現。「いらっしゃい」という増田の声もリラックスしており、なんだか部屋に二人が遊びに来た様子を聞いているような気持ちに。有岡と髙木も、隣のスタジオに増田がいると聞いて「いこいこ」「出ようぜって、OKも貰わず入っちゃいました」と無邪気に話をするあたり、後輩感が全開でとても微笑ましい。

 そのあとの『JUMP da ベイベー!』のオンエアにも、そのままスタジオに残った増田が出演。増田のラジオ番組には、以前もKAT-TUNの亀梨和也が舞台の告知だけをしにフラッと登場したというエピソードを披露。「みんなちゃんとゲスト出演してくれないのよ」とこぼしながら、自分もちゃっかりNEWSの最新シングル『EMMA』の告知をし、曲が流れているうちに退散していったのには、笑ってしまった。増田の人を受け入れる器の大きさと柔軟さ、そして有岡・髙木の愛され力。先輩後輩のやりとりでなければ見えてこなかった魅力に触れることができて楽しい。JUMPとNEWSどちらのファンにとっても、ついつい2番組続けて聞きたくなってしまう。

嵐・二宮和也との粋な楽曲カバー合戦

 もう1つ紹介したいのが、毎週日曜放送の二宮和也がDJを務める『Bay Storm』(bayfm)との交流だ。こちらは、2016年3月6日に二宮が「私が作ってきましたお宝音源です」と、JUMPの「AinoArika」をピアノ弾き語りでカバーしたことに始まる。「天才ですね」と自画自賛をする二宮らしいコメントがそえられていたが、その仕上がりは本当に素晴らしいもので、JUMPとはまた違うしっとりとした大人な雰囲気に。ネット上でも大きな話題となった。

 その後、4月8日放送の『JUMP da ベイベー!』では、この音源を聴いたという有岡・髙木、そしてゲスト出演していた知念の3人で大感動。「僕たちも、なんかお返しができたらいいよね」と話していたことが、12月30日の放送回で実現。3人がカバーした「PIKA★★NCHI DOUBLE」が披露されたのだ。こちらもみずみずしさと透明感のある歌声で、嵐とはまた違った良さが引き出されていた。

      

「JUMP 有岡&髙木、ラジオ番組での“粋なふれあい” NEWS 増田や嵐 二宮との交流を振り返る」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版