>  >  > 映像作家・山田健人の手腕

宇多田ヒカル、SuchmosらMVで注目 映像作家・山田健人の“ストイック”な手腕を読む

関連タグ
宇多田ヒカル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宇多田ヒカル「忘却 featuring KOHH」MUSIC VIDEO

 先日1月19日に公開された、宇多田ヒカル「忘却 featuring KOHH」のMV。若手ラッパー・KOHHが参加している同楽曲のMVは、血や細胞を思わせる混沌とした映像から始まる。暗い中でどこか切なげに<好きな人はいないもう 天国か地獄>とストレートすぎるリリックを歌い上げるKOHHの姿や、<熱い唇 冷たい手>と淡々と歌う宇多田の顔が逆光で見えなくなっているのが印象的だ。このMVを手がけたのは映像作家のdutch_tokyoこと山田健人。20代の若さでありながら、今回MV監督に宇多田自らが指名したというほどのセンスを持つ彼は、一体何者なのか。

 山田はyahyelのメンバーとしてVJを務めていることでも知られている。yahyelは“国境のない音楽集団”であり、VJがライブのステージに立つなど音楽と映像を密接に結びつけて活動している。yahyelのMVはまるで1本の映画を見ているようだ。セリフこそないものの、「Alone」で男性が煙草を吸う姿や物憂げな表情に“何かストーリーがあるのでは”と想像力を掻き立てられる。「Once」では女性が踊る姿に渦のような加工がなされており、まるで別の生き物のように映るが、それが楽曲やボーカルのミステリアスな雰囲気とマッチしていて思わず釘付けになる。

yahyel – Once (MV)
yahyel – Alone (MV)

 さらに彼は、Honda「VEZEL」のCMソングとしてオンエア中のSuchmos「Stay Tune」のMVも制作。同MVはメンバーの持つ洒脱な雰囲気をピックアップした映像になっている。キャッチーなメロディに乗せ、Yonce(Vo)がセクシーな声で歌う<東京 Friday night>という歌詞にぴったりな“大人の夜”を感じる雰囲気の中で踊る姿に引きこまれる。また「YMM」では、タイトル通り「YMM=横浜みなとみらい」の夜景を思わせる光を使う場面もあるが、全体的に無国籍な印象を受ける。同MV中、黒い壁をバックにシンプルなTシャツ姿でYonceが踊る姿は「忘却 featuring KOHH」で歌う宇多田の姿と重なった。

Suchmos “STAY TUNE” (Official Music Video)
Suchmos “YMM” (Official Music Video)

      

「宇多田ヒカル、SuchmosらMVで注目 映像作家・山田健人の“ストイック”な手腕を読む」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版