>  > Leola、“歌”との新たな向き合い方

3rdシングル『I & I』インタビュー

Leolaが見つけた、“歌”との新たな向き合い方 「曲を届けるために、私も変化していきたい」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月にリリースした2ndシングル曲「Let it fly」が 『Samantha Thavasa Autumn-Winter 2016』のTVCM曲に起用され、お茶の間にもその晴れやかで伸びのあるボーカルを響かせたLeolaが、早くも3作目となるニューシングル『I & I』をリリースする。フジテレビ“ノイタミナ”で放送中のアニメ『舟を編む』のエンディング・テーマでもある表題曲は、ゆったりとしたビートで、ギターや鍵盤の温かな音色に乗せ、そばにいる誰かに優しく語りかけるような曲。リラックスした、それでいて包容力のあるLeolaのボーカルを堪能できる1曲だ。前作『Let it fly』はLeolaが表現する“ビーチミュージック”の可能性や幅広いサウンドを探究した1枚となっていたが、今回はボーカリストとしての可能性を広げて、新しいLeolaの魅力を詰め込んだ作品になっている。

 4月にデビューしてから、作品を重ねるなかで様々な表情を見せるLeola。インタビューではいつも飾らない笑顔を見せて、1曲1曲の背景を楽しそうに語ってくれながらも、自分の“これ”というものへのこだわりや、凛とした揺るがない姿勢も、その言葉で聞かせてくれる。迷いなく、入魂の曲たちを作り育てていることが伝わってくる。そんなLeolaの最新作、そして今現在の挑戦や大事にしていることについて、話を訊いた。(吉羽さおり)

「切なさを超えた愛情を書きたかった」

ーー「Let it fly」がCM曲としてオンエアされて、私自身も毎日のように聴く機会があってとても印象深かったです。曲の浸透力もこれまで以上に高まったのではと思いますが、何か実感することはありましたか。

Leola:そうですね。渋谷のセンター街でも流れていて、友人やその友達とか、少し遠くの繋がりの方からも、「聴いたよ」という報告をもらいました。自分でもCMを目にする機会がすごく多かったです。でも最初はやっぱり、信じられないというか。自分の曲だとわかっているから、ふと聴こえてきた瞬間につい反応してしまって……まだこの感覚に慣れないですね。

ーーこうして曲が広がっていくという経験は、シンガーとしてのあり方や、創作面で影響はありましたか。

Leola:昔から、誰かの生活のなかに自然に入り込む音楽を作りたいと思っていて、それが夢のひとつでした。なので、日常に映える音をもっと作っていかなきゃいけないなと思いました。

ーーデビュー・シングル『Rainbow』から『Let it fly』では、カップリングを含めてサウンドの幅が大きく広がっていきました。今回の『I & I』は、収録曲の3曲ともトーンが近いというか、よりオーガニックで温かなサウンドの質感が活きていますね。表題曲の「I & I」は、どのように作ったんですか。

Leola:この曲は、もともとライブで歌っていた曲でした。ただ、歌っていた当時は「I & I」というタイトルではなく、歌詞もまったく違っていました。この曲をたまたま聴いてくださったアニメの関係者の方に、「アニメ作品を見て、この曲をもし書き直すとしたらどんなふうに書きますか?」と、機会をいただいたんです。その時はそれが採用されるかどうかは別の話だったんですけど、チャレンジしてみませんかと。それで半年間くらいライブで歌っていた曲を、リリースに向けてもう一度書き直したのがこの「I & I」で。メロディや音の世界観はほとんど変わっていませんが、歌詞と歌詞から生まれるストーリーはまったく違うものでした。

ーーライブで披露していた当時の歌詞は、どんなものだったんですか。

Leola:最初は、冬のビーチミュージックというか、冬の海のさざ波から切なさを際立たせていくような失恋ソングでした。その切なさは、今の「I & I」にもありますね。今回は幸せな内容として歌詞は書き換えていますが、幸せの片隅には切なさもあって。その切なさを超えた愛情というものを書きたかったんです。そういった意味では、前の歌詞の切なさが少し残っているのかなと思います。

ーー書き直していくにあたって、アニメ『舟を編む』のストーリーを汲んだものにしていったんですか。

Leola:ひとつは自分がこの作品の視聴者だったら、どんなエンディング曲を聴きたいかということ。あとは主人公の馬締光也さんではなく、ヒロインである林香具矢さんの感情や視点でのストーリーを書けたら、アニメを見終えて感じてもらえる気持ちがあるのかなと考えながら書いていきました。アニメの余韻を楽しんでもらえたら、エンディングの意味があるのかなって。

ーー今回のようにテーマありきで歌詞を書くことはLeolaさん自身初めてだったと思います。もともと歌詞もあって歌っていた曲ということで、その歌に手を入れていくことはかなり難しさもあったのでは。

Leola:もともとの曲もとても気に入っていたので、その良さを消したくない気持ちも少しあったんです。始めはガラッと変えることができなくて、なかなか書き進められずにいたんですけど、結果的に今回は共作ということで、作詞家の渡邊亜希子さんに助けていただきました。渡邊さんと一緒に書き始めてから、新たにコンセプトが固まりました。渡邊さんはご結婚されてお子さんもいて、家庭を持つ女性の温かさや陰から見守る愛情、お母さんだからこそ書ける歌詞や視点があって、かなり助けてもらえました。ふたりで話をしてアイディアを出し合いながら書き上げていきました。

ーーたしかに、この歌詞には“見守る”という視点がありますね。渡邊さんが提案したワードや感覚で、Leolaさんにはなかったのは、どういうものですか。

Leola:たとえば<仕草が 姿勢が その生き方が どんな言葉よりも 好きにさせるの>というのは渡邊さんのフレーズなんです。最初に言葉を見たときは、歌詞としては少し堅いかなとも思ったんです。でも実際に歌ってみたとき、それがとても柔らかく聴こえたんです。これは私には書けないフレーズですね。ストレートなんだけど、景色やその人がすごく見える感じで。

ーーそれで、曲の筋が見えた。

Leola:背骨が入ったような、ピンとなった感じがありました。

ーータイトルの「I & I」は、ジャマイカでは“We”の意味がある言葉だそうですが、このタイトルにはどう行き着いたんでしょう。

Leola:まずアニメのストーリーを見たときに、香具矢さんと馬締さんは、それぞれの自分の世界を持っていて。別々の世界を持ったふたりが惹かれあって、だからこそ支えあったり、勇気づけられる部分があるんだと感じました。ただ単に、“You&I”や“We”ではなくて、それぞれの世界があることを表現したかったんです。ジャマイカでは、この”I&I“が普通に使われる言葉で、“I”と“I”、それぞれに自立した世界があるのが前提なんですね。お互いを認め合っていることが活きた言葉だなと思って。ふたりにぴったりだと思ったんです。

ーーたしかにそうですね。

Leola:今は、共働きのご夫婦がいたり、カップルでもそれぞれに目指しているものがあったり。それぞれの世界があるふたりっていうのは、結構あることなんじゃないかなって思ったんです。自立したふたりが寄り添うからこそ生まれるものや、葛藤や切なさもあると思いますし。そんななかでも、この人を支えたい、この人と一緒に生きていきたいという思いが強いから、ふたりは歩いていけるという深い愛情が表現できたらと思い、「I & I」というタイトルにしました。

ーーこれまでのシングルでは、メッセージや自分の思いを伝えるという曲でしたが、今回のシングルは歌の対象がすごくよく見えて、そばにいるのを感じますね。人との距離がぐっと近くなった曲だなと思いました。

Leola:ありがとうございます。冒頭の歌詞やメロディからも、寄り添うふたりの景色を具体的に想像してもらえる曲にしたいと思っていたので、そう感じていただけたら嬉しいです。

ーー「I & I」はこれまで以上に深い愛情を描いている曲でもありますが、それを歌で表現するためにどうアプローチしていったのでしょうか。

Leola:今回は共作だったこともあって、等身大の今の自分よりもちょっと背伸びをした歌詞なんです。でもその背伸びをした歌詞を自分の声で表現したくて、レコーディングでは声色やフレーズひとつひとつを大切に歌っていきました。仕上がった音を聴いたときに、「こんなに大人っぽくも歌えるんだ」と思いました。いろんな私を見ていただきたいですし、何よりもこの曲のストーリーを直に感じもらうことが歌い手としての私の役割かなと思うので。

「Leolaが見つけた、“歌”との新たな向き合い方 「曲を届けるために、私も変化していきたい」」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版