lyrical schoolが語る、グループの特殊性と強み「もっとたくさんの方を巻き込みたい!」

lyrical schoolが語る、グループの特殊性と強み「もっとたくさんの方を巻き込みたい!」

160713_lyri_ami.jpegami

「今のlyrical schoolがもっとたくさんの方を巻き込めるように」(ami)

ーーインパクトのあるメジャーデビューになりましたが、lyrical schoolってこれまでの道のりを振り返ると、アイドルというだけでもなく、ラップ/ヒップホップだけでもなく、すごく独特な立ち位置で何年も歩んできた気がします。自分たちのポジションについては当初、どう考えていましたか?

ami:アイドルでもあって、ヒップホップでもある。私たちはどちらの良い面も持っている「アイドルラップ」というジャンルを作りたいと初期からすごく思っていました。

ーー「アイドルラップ」という意識は以前からあったんですね。

mei:最初の一年くらいは、ヒップホップのイベントなどに呼んでもらった時に、アイドルとしてステージに立っていいのかな、それともヒップホップとして立ったほうがいいのかなってわからなかった時もあったんです。だけど、やっていくにつれてどんなイベントでも楽しめるようになってきたので、そこからはそれこそ両方のよさを自分たちのものにして、今に至っているのかなと思います。

ami:最初の頃はちょっと怖かったよね。ラップなめてんじゃねえぞって思われてるんじゃないかとか。でも共演者の方に、いいね、女の子たちのラップ楽しそうだねと言ってもらえて、自分で思ってるようなイメージで決めつけなくていいのかなって。イベントに出てみて知ることはたくさんありました。

ーー今のlyrical schoolはもう何を歌っても6人のフロウ、6人の楽曲になっている。最近はアイドルの楽曲がラップを採り入れることも多いですが、キャリアを重ねてきたlyrical schoolの幅広さには、そうそう追いつけないんじゃないかなと思ったりもします。

ami:自分たちではそんなに幅が広がってる自覚はなかったです。いつの間にか、できる曲が多くなってたのかなという感じです。

mei:歌にはけっこう正解があるじゃないですか、メロディーとか音程とかという意味では。けど、ラップってその正解がないに等しい。

ami:あるようでない。

mei:そう。あるようでないから。今また、lyrical schoolがラップではない歌を歌うグループになったとして、それぞれの個性が出るかって言ったら正直わからない。でも、他のアイドルさんとかで、ラップしてみたい、lyrical schoolの曲を一緒に歌ってみたいっていう女の子が増えた気がして、それはすごい嬉しいですね。同じ歌詞をラップしても、他の子が歌えばまったく違うものになるので、どういう感じになるんだろうっていうのはありますね。アップアップガールズ(仮)さんが「FRESH!!!」を歌ったのを聴いたことがあるんですけど、それこそまったく違いました。その時にアプガさんが「ここのリズムの取り方がまったくわからない」って言っていて、あの完璧なアプガさんでもわからなくなるんだと思って。その時には、私たちのやってることは特殊なのかもって思いました。

160713_lyri_yumi.jpegyumi

ーー特殊な能力を育ててきたという言い方は、しっくりくるかもしれません。もうひとつ、lyrical schoolのスタイルとして、全員がラップしてなおかつ同時にハードに踊りますよね。こういうユニットはあまりいない気がします。

mei:私も、他にないなって思います。インタビューで「ライバルはいないの?」と聞かれることもあったりするんです。もちろんラップが上手い方だったりはいますけど、私たちと同じようなタイプのライブをする方は周りにもいなくて、パフォーマンスとして比べる感じではないと思います。

ーーレベルどうこうではなく、ライブのスタイルが全然違いますからね。

mei:himeは最初、そこが大変だって言ってましたね。でも、踊りがなくてもパフォーマンスできるよ、というところもあるので。ステージがメンバーで一列に並ぶくらいの広さしかしかなかったら、踊らないで曲だけメインで!はしゃいで!とか。それもlyrical schoolのスタイルではあるのかな。マイクがあればなんでもできるのかなと。……かっこつけちゃった(笑)。

ami:臨機応変というか、その場所にあった楽しみ方って何個もあると思うんですよ。その場所や来てくれた人に合った楽しみ方を最大限やろうと思ってラップをしてるので、これがないとできないっていうのはないかなと思ってます。

mei:これがないから楽しめないとかできないとか、そんなの言い訳だし。そういうときに、どんなライブをするかわからないところもlyrical schoolの魅力でもあるのかなと思いますね。

ーー『RUN and RUN』でのメジャーデビュー後、ある意味で今までとは違う期待値の上がり方もしていると思います。この先に目指すところを教えて下さい。

ami:こうなりたいということよりも、今のlyrical schoolがもっとたくさんの方を巻き込めるようになりたいと思います。「RUN and RUN」で知ってくださった方もたくさんいらっしゃると思うんですけど、そういう方やまだlyrical schoolを知らない方をもっと巻き込んで、lyrical schoolのライブって楽しいなと思っていただける方を増やしたいです。

minan:この先何年、何十年のことを考えた時に、lyrical schoolという文化を作りたいなと思っていて。グッズや映像作品だったり、いろんな方面からlyrical schoolらしさを作っていって、アイドルラップの楽しさも伝えられて、それがたくさんの人に広まって大きなブームになって、いずれは文化みたいなものとして根づいたら嬉しいです。すっごい難しいことだとは思うんですけど、いつかそんなふうになったらいいなと思ってます。

mei:4月のメジャーデビューからこの一年間の目標として、アイドルラップっていうものをやってる子たちがいるんだよってところをまず、まだ知らない方にも伝えられたらいいなと思っています。lyrical schoolの名前を覚えてもらえたかって言ったらわからないけど、あの縦型MVの子たちだと思ってもらえることは増えました。今回の「サマーファンデーション」で、この子たちはこういう歌も歌うんだって知ってもらって。それから、どんどんlyrical schoolのライブに足を運んでもらって、アイドルってこんな楽しい現場だったんだ、ヒップホップってこういう見せ方もあったんだってみんなにわかってもらえたら。今年一年はアイドルラップ、ヒップホップアイドルの楽しさを全面に伝えていけたらいいなと思ってます。

(取材・文=香月孝史)

■リリース情報
『サマーファンデーション』
発売:2016年7月6日
【Type-A(CD+DVD)】 ¥2,300(税抜)
〈収録内容〉
[CD]
M1.サマーファンデーション
M2.Kiss Me
M3. サマーファンデーション(インスト)
M4. Kiss Me(インスト)
[DVD]
2016年3月6日に行われた新宿BLAZEでのワンマンライブから5曲収録
1. RUN and RUN
2. S.T.A.G.E
3. Photograph
4. Maybe Love
5. tengal6

【Type-B(CD)】 ¥1,500(税抜)
〈収録内容〉
[CD]
M1.サマーファンデーション
M2.Kiss Me
M3. RUN and RUN- イルリメ remix
M4. リリスクのうた-Dorian remix
M5. サマーファンデーション(インスト)
M6. Kiss Me(インスト)

【通常盤(CD)】 ¥1,000(税抜)
〈収録内容〉
[CD]
M1.サマーファンデーション
M2.Kiss Me
M3. サマーファンデーション(インスト)
M4. Kiss Me(インスト)

■「サマーファンデーション」特設サイト
http://cnt.kingrecords.co.jp/ls_sf/

■オフィシャルサイト
http://lyricalschool.com/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる