lyrical schoolが語る、グループの特殊性と強み「もっとたくさんの方を巻き込みたい!」

lyrical schoolが語る、グループの特殊性と強み「もっとたくさんの方を巻き込みたい!」

160713_lyri_mei.jpegmei

「(新宿BLAZEでの)ワンマンで失敗したら、本当にヤバいんじゃないかって」(mei)

ーーカップリングで収録されている「Kiss Me」は珍しくカバー曲です。すでにオリジナルがあるものを、lyrical schoolの曲として解釈し直すのはどんな体験でしたか?

minan:EDUさんが歌っている「Kiss Me」を初めて聴いた時に、「あ、もうリリスクの歌じゃん!」って感じて、違和感がなかったです。これがリリスクの曲として完成されるんだなっていうのは、すぐに想像ができました。

ami:私もまったく同じことを思いました。仮歌もらった時に、6人がそれぞれの個性で楽しく歌って踊ってるのが想像できて、「これ、絶対リリスクっぽくなるわ」と思いました。初披露した6月26日の名古屋VERSUS東海ホールでのワンマンライブでも、初めてとは思えないくらい楽しかったです。

mei:歌詞で〈kiss me〉って言葉をめっちゃ言ってて、「メンバーがこのセリフを言うんだ」と思ってキュンキュンしたりウハウハしたりしてました(笑)。それをこれからライブでも見られるのかなって思うと嬉しい。……ちょっと気持ち悪かったね、今の(笑)。

ーー一人称が「僕」や「オレ」になっているのも、普段のlyrical schoolとはリアリティの水準が違う感じです。

mei:私のパートは一人称も「オレ」だし「くそったれ」とか、普段の生活じゃ使わない言葉が多いので、これをライブで言っていいんだなと思って。歌詞だからこそ言える言葉なのかなと。ライブで披露した時には、ドヤって言ってやろうみたいな、そんな感覚ですね。

ami:私のパートでも、最初に「オレ」って言ってて。「オレめっちゃラップ上手いんだぜ、無敵だぜ」っていう内容を歌ってるんですけど、私はそんなことを言えるほどの人間じゃないので(笑)。でもそういう男性像みたいなのを自分の中で作って歌って。今までしたことがない体験だったんで、レコーディングは面白かったです。かっこつけてますね、めっちゃ。でもそれがリリスクっぽく聴こえてるって言われると、あんまりそういう男性像を出せてないのかな(笑)。

160713_lyri_hime.jpeghime

ーー『サマーファンデーション』初回限定盤Type-A付属のDVDには、himeさん加入後の初ワンマンとなった今年3月の新宿BLAZEでのライブ映像が収録されています。ライブを観た時は、こちらが想像していた以上にhimeさんが自然に馴染んでいたように見えたのですが、メンバーとしてはいかがでしたか?

ami:himeが加入して最初の仕事が、映画『リリカルスクールの未知との遭遇』の撮影だったんです。撮影で朝から夜までずっと一緒にいるのが何日間かあったから、すっと馴染めたのかなと思います。もともと、私はhimeと違うグループだった時から一緒に遊んだりしたこともあったので、lyrical schoolに入るって聞いた時はびっくりしたんですけど。himeに連絡をとった時に「もともとのlyrical schoolが持っている良さは消したくない、でも私ができることをしてもっと盛り上げていきたいと思うので、よろしくお願いします」と熱い思いが返ってきたので、こっちも熱い気持ちになって、一緒に頑張ろうってすぐに思いました。

ーーとはいえ、このワンマンはhimeさん加入からまだ数ヶ月という段階でした。

ami:この6人での初ワンマンだったので、とにかく緊張はしてました。himeがすごい緊張して、泣きそうになってたのを覚えてます。

minan:円陣の時、みんなでhimeの手をぎゅって握ってね。

ami:そう、すごい緊張してたんですけど、でもステージに出たら……。

minan:誰より輝いてたからね(笑)。それからこの時は、ニュー衣装とニュースニーカーのお披露目だったので、心なしかウキウキしてる私たち、みたいなところもあります(笑)。

mei:この6人でメジャーデビューしますという時に、これからもこの6人のライブを見ていきたいって、お客さんに思ってもらえないと、私たちについてきてくれないんじゃないかと考えていたんです。このワンマンで失敗したら、本当にヤバいんじゃないかって。結果的に、himeの加わったlyrical schoolについていきたいって言ってくださった方がとても多かったので、その言葉を聞いて「成功したんだな」って思えました。

minan:私、「RUN and RUN」をはやくお客さんの前でやりたかったんですよ。メジャーデビューを発表したあと、喜ぶだけじゃなくてこれからが不安になるお客さんもいたと思うんです。「RUN and RUN」は「私たちは大丈夫だよ、未来は明るいんだよ」ということを歌っている曲だから、早く歌ってお客さんを安心させたいって考えてました。

ーーその「RUN and RUN」は、スマートフォンがジャックされたような縦型MVが、ものすごい盛り上がりを見せましたよね。最近では「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のサイバー部門銅賞を獲得しました。

ami:はい、嬉しいことに。本当、びっくりです。

ーー撮影してる段階で、相当インパクトのあるものできるという予感はもうあったんですか?

minan:撮影当日に、ほぼ完成形の動画コンテをスマートフォンで見せてもらったんです。もうその時点で、「これはヤバい!」って。私たちも初めて見たので、騙されるんですよ。「あっ、電話かかってきましたよ!大丈夫ですか?!」みたいな(笑)。

ami:メンバーのyumiなんか泣いてましたね。これが自分たちのMVになるんだなって。

mei:いやー、涙出てくるよね!

ーーMVの解禁後、ものすごい勢いで話題になって拡散されていきました。その現象をどんな気持ちで見てましたか?

minan:もう、唖然という感じ(笑)。自分たちが想像していたよりも何倍ものスピード、何倍もの大きさで広がっていったので、気持ちが追いつかないんです。これが「バズる」か!って(笑)。

ami:MVを発表した途端に、Twitterでエゴサしていても、もう追いつかないくらいで(笑)。何が起きてるのかわかんないまま、何日か経ったら動画の再生回数が100万回に達してて、「100万回?!」みたいな。あまりの数字の大きさに、どれくらいなのかわからなくなりました。映画『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ監督が、この映像すごいねってツイートしてくださってたんですけど、そんなことありえないじゃないですか!もうびっくりしました。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる