>  > Irisが語る、旅の感想と楽曲のメッセージ

メジャーデビュー作『I love me / good bye』リリースインタビュー

『ネプ&イモトの世界番付』で話題のIrisが語る自身のルーツ、そして曲に込めたメッセージ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ストレスフリーになるような曲を歌いたい」

――「good bye」はカントリー調の楽曲ですが、切ない別れを題材にした一曲ですね。

Iris :最初に聴いたときは、たくさん泣いちゃいました。ヒッチハイクの旅で一番辛かったことは、出会った人たちとの別れで、それを思い出しましたし、マレーシアの家族や友だちと別れてきた時の気持ちも思い出しました。だからレコーディングの時は、強い思いを持って表現しました。

――レコーディングの際、大変だったことがあれば教えてください。

Iris:いっぱいありすぎます(笑)。なかでも一番苦労したのは、発音ですね。日本語はサウンドが「固い」と思います。

――その中でも、苦労したフレーズや言葉はありますか?

Iris:あえていうなら「I love me」の<フワフワの希望>の「フワフワ」とか。英語はスムーズなんですけどね。日本語って、文字がたくさんだからすごく細かくて難しいです。

――ちなみに、それぞれの楽曲でお気に入りのフレーズがあれば教えてください。

Iris:「I love me」だと<“Que Sera,Sera”>(意:なるようになるさ)ですね。「good bye」だと、<喜び伝える言葉も まだ拙いけど>というフレーズで、自分の境遇と同じだからすごく共感できました。この歌詞は、作詞と作曲をしてもらった作詞家のHIKARIさんが『世界番付』を見て書いてくださったんです。

――また、この度発表になりましたが、コーセーの化粧品『雪肌粋 ホワイト洗顔 クリーム』へのCM出演及びCMソング起用が決定しました。CMの撮影は初めてということでしたが、実際体験してみてどういった感想を持ちましたか。

Iris:とにかくスタッフさんの人数が多くて、しかもみんながプロフェッショナルでした。 それぞれがしっかりと自分のお仕事を責任をもって担当していて、刺激を受けました。自分が日本でCMに出演するというのは、いまだに想像できませんが、とても楽しみです。

――今後、「こういう曲を歌いたい」というような思いはありますか?

Iris:色々トライしたいですが、今はカントリーが好きですね。聴いた人がリラックスできて、ストレスフリーになるような曲を歌いたいです。

――日本のリスナーに対して、これからどんな歌をとどけていきたいですか?

Iris:日本人はすごくストレスの溜まっている人が多いと聞きました。だから、私の歌を聴いてリラックスして欲しいですね。

――確か、ミスiDのプロフィールもそんな感じでしたよね。

Iris:言ってましたね(笑)。あらためて、そう思います。楽しみましょう!

(取材・文=中村拓海)

■MV情報
Official YouTube channel

■関連リンク
Official HP
iTunes Iris

■リリース情報
Iris『I love me / good bye』
発売:4月27日(水)
初回生産限定盤・40P豪華写真集付き/三方背スリーブ 1,900円
通常盤 1,300円

      

「『ネプ&イモトの世界番付』で話題のIrisが語る自身のルーツ、そして曲に込めたメッセージ」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版