>  >  > 浜崎あゆみは新作で「報われる」?

宇野維正のチャート一刀両断!

浜崎あゆみの“攻め”はどんな結果を生むか? 一連のリリースラッシュから考察

関連タグ
浜崎あゆみ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考:2015年08月10日~2015年08月16日のCDアルバム週間ランキング(2015年8月24日付)(ORICON STYLE)

 ドリカムのベスト盤『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』の勢いが止まらない。なんとリリースから6週目で、V6のベスト盤に阻まれた1週を除いて5週1位。いくらリリース数の少ない夏場とはいえ、週替わり1位が当然となったアルバムチャートでここまで華々しいロングセールスを記録することになるなんて、本人やスタッフたちも予想してなかったのではないか。4週前の原稿でも触れたように、その購買層の中心となっているのは、かつてドリカムと共に青春を過ごしたアラフォー女性だ。一方、同じく何百万人もいた、かつて浜崎あゆみと共に青春を過ごしたアラサー女性は一体どこにいったのだろうか?

 浜崎あゆみの5作目となるミニアルバム『sixxxxxx』の売り上げは今週5,533枚で5位、初登場の先週は30,988枚で2位。この数字を「健闘」と見るか「低い」と見るかは人それぞれだろう。いや、別に、どんなアーティストでも売り上げがガクッと落ちるライブアルバム(一昨年の『ayumi hamasaki 15th Anniversary TOUR 〜A BEST LIVE〜』)や、アルバムからのリカットシングル(昨年の『Terminal』)を殊更取り上げて、「ほらほら、みなさん、浜崎あゆみってこんなに売れなくなってるんですよー」とここ数年煽り続けているゲスな三流メディアにのっかるつもりはまったくないですよ。ああいうミスリードは害悪にして醜悪。アーティストに対して本当に失礼だ。

 ただ、もともと00年代初頭の人気絶頂期からリミックスアルバムなどの非オリジナル作品を乱発していたという過去があるにしても、近年の浜崎あゆみが「これ、ホントにニーズあるの?」という作品を出し続けてきたのは事実。特に、松田聖子が持っていたシングル連続24作1位記録を破って連続25作1位を記録した2010年『L』(そう、10年代に入ってからも浜崎あゆみはシングルを出せば1位を獲ってたんですよ)の後、3年3カ月という不自然なインターバルをあけ、満を持して2013年末にリリースし、結局週間5位に沈んでしまったシングル『Feel the love/Merry-go-round』以降は、まるで緊張の糸がプツンと切れたように作品をリリースする際の基準がユルんできたように思う(あ、作品の中身がユルくなったと言っているわけじゃないですよ。作品をリリースする際のマーケティング戦略やメディア露出への注力のしかたがそれまでとは随分変わってきたという意味)。

      

「浜崎あゆみの“攻め”はどんな結果を生むか? 一連のリリースラッシュから考察」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版