>  >  > ハロプロメンバーを誰が一番多く撮っている?

ハロプロメンバーを誰が一番多く撮っている? ソロ写真集185冊の常連カメラマンを検証

関連タグ
℃-ute
モーニング娘。
Berryz工房
ココナッツ娘。
安倍なつみ
矢口真里
カントリー娘。
松浦亜弥
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイドル歌手の本分はもちろん音楽活動だが、その一方で、被写体の魅力を最大限に引き出し定着させた「写真集」というフォーマットもある。特にグループアイドルのメンバーから一人が選ばれ、海外や国内の風光明媚なロケーションでの撮りおろしにて刊行される「ソロ写真集」は、数あるアイドルのリリース物のなかでも花形アイテムだろう。

 ハロー!プロジェクトのメンバーたちも、これまで多くのソロ写真集を出版してきた。本記事では、そのソロ写真集のカメラマンに焦点を絞る。すなわち、過去の写真集の撮影者の実数を調査し、誰がどれだけ撮影担当したかを算出してみようというわけだ。

 過去リリースされたハロプロメンバーのソロ写真集を今回数えてみたら、1999年12月10日発売の安倍なつみ(モーニング娘。)の1st写真集『ナッチ』(撮影:野村誠一)から、2015年8月21日発売の矢島舞美(℃-ute)の10th写真集『Nobody knows 23』(撮影:西條彰仁)まで、49人・185冊となった。これはソロ写真集に限っての数字で、このほかにグループでの写真集や、ライブ撮影写真集なども加えるとさらに増える。ハロプロメンバーなら誰でもソロ写真集を出せるというわけではなく、なかには1冊も出せていないメンバーもいる。また、冊数も数年間で1~2冊だけという人もいれば、一人で10数冊出している人もいたりして、なかなかシビアではある。

 そして、歴代の担当カメラマンの人数も数えてみると、66人となった。こちらもメンバーと同じく、1冊しか担当していない者から10数冊担当している者までピンキリである。必ずしも冊数が多いほうが偉いというわけではもちろんないが、ひとつの指標にはなるだろう。また、基本的には1冊につき一人のカメラマンが撮影を担当しているが、たまに複数名が担当して連名でクレジットされているケースもあったりする。

 この66名から、担当冊数の多い上位8名を以下に紹介していく。いったいどのカメラマンが上位になったのか、思いを巡らしながら読み進んでいってほしい。なお、連名の写真集の場合も各人に1冊とカウントして、その旨を表記した。写真集の出版社名は大半がワニブックスなので、以下のリストでは省略してある。ワニブックス以外の出版社(キッズネット、アップフロントブックスなど)の場合はその旨表記。メンバー名の後のカッコ内のグループ名は写真集リリース当時のもの。

8位:6冊(連名1冊含む)

佐藤裕之(さとう・ひろゆき)

鞘師里保(モーニング娘。)

[2013.11.25]3rd『太陽』

矢島舞美(℃-ute)

[2010.06.05]4th『矢島舞美写真館 2008-2010』※今村敏彦、桑島智輝、佐藤裕之、Takeo Dec.、TANAKA、根本好伸、橋本雅司、細居幸次郎、樂滿直城
[2011.11.27]5th『タビオト』
[2012.11.27]6th『ハタチ』
[2014.03.27]9th『PURE EYES』

和田彩花(スマイレージ)

[2011.02.25]1st『和田彩花 16』

 佐藤氏は東京都出身のカメラマン。師匠の写真家は宮澤正明。2007年「キャノン写真新世紀 荒木経惟賞」受賞歴あり。

 ハロメン(ハロプロメンバー)写真集では6冊を担当。℃-uteのリーダー・矢島舞美を担当する割合が高いようだ。『和田彩花 16』は、タイトルどおり旧スマイレージ/現アンジュルム和田彩花の当時16歳の姿を封じ込めた1stソロ写真集となる。

<7位:6冊>

渡辺達生(わたなべ・たつお)

安倍なつみ(ソロ)

[2005.11.01]5th『アロハロ!安倍なつみ写真集』(キッズネット)

石川梨華(モーニング娘。/美勇伝)

[2003.12.24]3rd『I』
[2006.12.18]5th『Oui, mon amour(ウィ・モナムール)』
[2007.08.22]6th『アビュー』

高橋愛(モーニング娘。)

[2002.12.09]1st『高橋愛』

鞘師里保(モーニング娘。)

[2011.08.27]1st『さやしりほ』

 渡辺氏は1949年生まれ、山梨出身。そのキャリアは古く、1980年代に男性誌「GORO」(小学館)にて「激写」シリーズを連載していた篠山紀信と共に、同誌の二枚看板として名を馳せる。有名な武田久美子の貝殻ビキニ姿が掲載された写真集『My Dear Stephanie』(1989年、ワニブックス)を撮ったのも渡辺氏だ。「週刊ポスト」(小学館)の表紙撮影も1995年から現在まで担当中。

 ハロメン写真集においては、高橋愛と鞘師里保、モーニング娘。の歴代エースそれぞれの1st写真集を撮っているという巡り合わせがある。また、『アロハロ!安倍なつみ写真集』は全編ハワイで撮影される「アロハロ!」シリーズの一環。

<6位:7冊(連名1冊含む)>

尾形正茂(おがた・まさしげ)

中澤裕子(ソロ)

[2001.08.10]1st『Feather』
[2002.11.10]2nd『私が思う、こんな女』

市井紗耶香(ソロ)

[2002.01.17]1st『SELF』

田中れいな(モーニング娘。)

[2007.09.27]5th『GIRL』
[2008.02.27]6th『田中れいな写真集全集 Re:(リターン)』
[2008.10.24]7th『Very Reina』※根本好伸、尾形正成

柴田あゆみ(メロン記念日)

[2002.06.08]1st『あゆみ』

 1964年、東京都入谷生まれの尾形氏。集英社の専属カメラマンを6年経験したあと1992年独立してフリーに。翌年「尾形写真事務所」を設立。現在の事務所名は「SHERPA+(シェルパ)」。

 中澤裕子、市井紗耶香といったモーニング娘。のOGメンバーや、メロン記念日のエース柴田あゆみの初ソロ写真集など幅広く担当。2008年には『田中れいな写真集全集 Re:(リターン)』の撮影を担当しているが、これは過去の写真集カット+撮りおろしパートで構成された「写真集全集」シリーズの一環で、尾形氏は撮りおろし部分を手がけている。

 また、尾形氏は写真集のほかにCDジャケット写真撮影でもハロプロとの仕事が多く、モーニング娘。シングル「ザ☆ピ~ス!」「笑顔YESヌード」、℃-uteアルバム『3rd ~LOVEエスカレーション!~』、H.P.オールスターズ「ALL FOR ONE & ONE FOR ALL!」などのジャケットは氏が撮影したものだ。

「ハロプロメンバーを誰が一番多く撮っている? ソロ写真集185冊の常連カメラマンを検証」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版