tofubeatsが考えるアウトプットのバランス感覚 「常に『この人は変化したいんだ』って思われたい」

20150327-tofubeats7.jpg

 

「乳首ドリルを100回見ても、100回違う乳首ドリルがある」

――昨年からの変化でいうと、Tomgggさん、PARKGOLFさんなどのフィジカルリリースや、『First Album Remixes』でPa’s Lam Systemが手掛けた「CAND¥¥¥LAND feat LIZ – Pa’s Lam System Remix」がiTunesチャートで1位になるなどの動きがあり、tofubeatsさんが牽引してきたシーン全体がさらに活気づいてきたように思います。

tofubeats:僕は人より締め切りを守ることに長けていたりしたから、出てくるのが早かっただけ(笑)。実力は変わらないですから、やっと相応に物事がついてきたということだと思うんですよ。そのタイミングで自分の仕事に箔が付いたらいいなと思ってオファーはさせてもらってます。でも、今年はもっとそういう人たちが売れたりする大きい動きがあるだろうし、僕らの世代の立ち位置がしっかり見えてくると思います。シーンが成熟していくというか。

――点ではなく、ようやく面で評価される時が来る。

tofubeats:みんな出てくると足場ができますからね。“シティポップ”みたいな括られ方が多かったけど、やっとそうじゃなくなるかなと。Sugar’s CampaignとShiggy Jr.と水曜日のカンパネラが同じ感じで括られていたりして、違和感があったわけですよ。でも、Sugar’s Campaignも僕もPARKGOLFも出てきたりして、それぞれの立ち位置が見えてくれば発言力も出てくると思います。

20150327-tofubeats11.jpg

 

――冒頭でも訊きましたが、生楽器の曲は今後の作品に回るということを含め、次の作品はどうなっていく予定ですか。

tofubeats:ちょうどこれから次作の制作に入るんですが、ピアノ一本の曲とかギターメインの曲とかがストックとしてありますし、ゲストボーカルに新人の方を迎えたいとも考えています。実はすでに目星を付けている人はいるんですけどね。あとは、近しい人に編曲をお願いしたり楽器を弾いてもらったり、どんどん一緒にやっていきたいですね。今回の作業を通じてアンプやヘッドホンも買い換えてリスニング環境は大幅にアップしたので(笑)。

――それは、『STAKEHOLDER』の評価次第で変わることもありますか?

tofubeats:現時点でイニシャル(初回入荷数)は結構付いているので、数次第では調子に乗るかもしれないですよ(笑)。中田ヤスタカさんは、外仕事でポップなものをドロップして、CAPSULEではバチバチのダンスミュージックをやることでバランスを取っているうえに、それが売り上げにもしっかりフィードバックされているじゃないですか。あの方法論は一つ参考にすべきものだと思っているので、その路線とか。毎回テストだと思ってやっているので、早く『STAKEHOLDER』を聴いて「歌入ってないじゃないかよ!」と反応する人がどれだけいるのか見てみたい。

――そういう意味で『STAKEHOLDER』は、不定形が定型になるかどうかという、今後のtofubeatsを占う一作なわけですね。

tofubeats:個人的にも気に入っていますからね。自分が思っているところと、みんなが思っているところの差を見る意味でも絶好の機会だし、まさに「STAKEHOLDER」と言える作品になっているんじゃないかな。でも、一人の人間には“趣味・嗜好の限界”がありますから、持てる手札は限られている。そのなかで違った形をどう見せるかを試行錯誤したいですし、そういう意味でPara Oneに憧れます。彼、DJプレミアみたいなヒップホップを作っていたのにエレクトロニックなものに変わって、ハウスに傾倒したかと思ったら、今は映画音楽やっていますけど、全部ちゃんと自分の色が出せていますからね。新喜劇だって、乳首ドリル(すっちー&吉田裕の鉄板ネタ)を100回見ても、100回違う乳首ドリルがあるわけじゃないですか。全部面白くて少しずつ違うし、たまに「今日せえへんのかい!」という日もありつつ……(笑)。なんか“たとえ迷路”に入ってしまいましたけど、常に「この人は変化したいんだな」って思われたいですし、「tofubeatsはいつも面白いことをやってくれている」と言っていただけると最高ですよね。

(取材・文=中村拓海/写真=下屋敷和文)

20150219-tofu.jpgtofubeats『STAKEHOLDER』(unBORDE/ワーナーミュージック・ジャパン)

■リリース情報
『STAKEHOLDER』
発売:4月1日(水)
価格:¥1,620(税込)

<収録内容>
1.SITCOM(intro)
2.STAKEHOLDER
3.window
4.dance to the beat to the
5.STAKEHOLDER -for DJ-
6.She Talks At Night
7.T.D.M. feat.okadada
8.(I WANNA)HOLD
9.衛星都市

【衛星都市(デモ・バージョン)先行試聴】

オフィシャルサイト

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる