>  > ジャニーズカウコン速報レポ

Kis-My-Ft2、A.B.C-Z、Hey!Say!JUMP……ジャニーズ新世代が活躍したカウコン速報レポ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20140101-sexyzone-01.jpgセクゾからは菊池風磨と中島健人がカウントダウンコンサートに初登場した。

 今年も大晦日の夜に開催されたジャニーズのカウントダウンコンサート。TOKIOやV6といったベテラン勢が卒業し、若手 が中心となって年に一度の祭りを盛り上げた。

 特に、登場と同時に大きな歓声を浴びたのが、2013年に大ブレイクをしたKis-My-Ft2。『Luv Sick』など3曲を歌うと、A.B.C-Zを呼び2ユニットで『Daybreaker』を熱唱。デビュー前に2ユニット合同で行われたエビキスコンを思い出させる。しかも、曲の終わりに橋本良亮が藤ヶ谷太輔のほっぺにキスをして、会場いっぱいに悲鳴とも言える歓声が上がった。

 A.B.C-Zは、得意のアクロバットで存在感をアピール。『Vanilla』などJr.時代から歌ってきた名曲を始め、『Walking on Clouds』など4曲を歌い、跳ねまわる。なかでも塚田僚一は、東京ドームを横断する花道をセンターステージまでバック転で駆け抜けるという大技を披露。驚異的なスタミナで観客の度肝を抜いた。

 Hey!Say!JUMPは『Magic Power』など、これまでのJUMPをイメージする可愛らしい曲と、最新シングル『Ride With Me』のアダルトな雰囲気が対照的。JUMPの成長と2014年への覚悟を感じられる迫真のダンス&歌で圧倒した。

 そして、今年18歳になり初参戦となった菊池風磨が中島健人とふたりで『BAD BOYS』を熱唱。思い切りはじけた。中島が艶めかしく腰を振ると、菊池が服をはだけさせてセクシーさを競い、ついには胸ぐらをつかみおでこをつける迫真のにらみ合いを見せる。往年の中島&菊池ファンにとっては、たまらないパフォーマンスだった。

      

「Kis-My-Ft2、A.B.C-Z、Hey!Say!JUMP……ジャニーズ新世代が活躍したカウコン速報レポ」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版