>  >  > 『花のち晴れ』突拍子もないフィナーレに?

晴、天馬から“王子様”ポジションを奪う 『花のち晴れ』待ち受けるのは突拍子もないフィナーレ?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メグリン(飯豊まりえ)の誕生会で起きた爆破事件の犯人が捕まったのも束の間、音(杉咲花)が夜道で何者かに催涙スプレーをかけられる事件が起こる。その場に通りかかった桃乃園の近衛(嘉島陸)に助けられた音は、病院に駆けつけた天馬(中川大志)から晴(平野紫耀)に報告した方がいいと言われるのだが、当の晴はメグリンとのデートの行き先に頭を捻らせており、とても事件のことを話せる雰囲気ではない。

 TBS系列火曜ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』は最終回前のセミファイナルとなる第9話を迎え、音と晴と天馬、そしてメグリンの四角関係に変化が訪れはじめる。というよりも、晴に大きな変化が訪れたと言ったほうが適切であろう。これまでの“ヘタレ”キャラから一転して、後輩・近衛の一件で若干のほころびを見せる天馬から“王子様”ポジションを奪う勢いをも感じさせるほどだ。

 今回のエピソードの前半こそ、メグリンとのデートの行き先に悩み、あげく“日本列島ダーツの旅”を世界地図でやってしまうほど恋愛に対する不器用さを露呈する晴。しかも一茶(鈴木仁)から言われた「ファーストキス」の一言でわかりやすいほど動揺してしまうという、オールドファッションな少女漫画らしい反応で、虚勢を張っている普段との大きなギャップを見せるのだ。

 ところが、ひとり泣いている音に(メグリンに言われて)追いかける公園のシーンから、ついにこれまでの“ヘタレ”を払拭。泣いている理由を言おうとしない音を見かねて、「じゃあ家まで送らせろよ」と時折見せる紳士ぶりを発揮すると、その後、音が泣いていた理由を察し天馬に言い放つ「そんなの一択だろ! 合ってようが外れてようが、好きな女の言ってること信じなくてどうすんだよ!」の名台詞で、完全に逆転したと言っても良いぐらいだ。

 さらに駄目押しを加えるかのように、音の「もう帰って」の言葉にすんなりと従ってその場から引き下がりながらも、1人その場に佇む音を影から見守って、タイミングを見てひょっこりと現れる。しかも敵である近衛に対しては“こじらせてる”といつも通りの見下したような発言をしながらも、「俺もこじらせてるから」とへりくだる一幕も。

      

「晴、天馬から“王子様”ポジションを奪う 『花のち晴れ』待ち受けるのは突拍子もないフィナーレ?」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版