>  >  > 『花のち晴れ』花沢類がサプライズ登場!

『花のち晴れ』に花沢類が! 花男ファンを一瞬で“あの頃”へ引き戻す、小栗旬の凄まじきパワー

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 晴(平野紫耀)から庶民狩りしないことを約束された音(杉咲花)だったが、“C5”のメンバーで晴に想いを寄せる愛莉(今田美桜)の策略によって学校中に庶民であることをバラされてしまう。英徳学園の生徒たちが寄ってたかってひとりの生徒を攻撃する様は、“F4”の時代の“赤札”を彷彿とさせる壮絶なものだ。

 5月1日に放送されたTBS系火曜ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』第3話は“赤札”はもちろん、音と晴の関係性の変化に『花より男子』を思い起こさずにはいられなくなったのだが、そのすべてを差し置いても、花沢類(小栗旬)のサプライズ登場に尽きると言ってもいいだろう。

 前週の次回予告で“F4”のメンバーが登場するということは明かされていたが、はやくも“花男”随一の人気キャラクターが登場するとはこの上ないサプライズだ。第1話で回想シーンやホログラムで道明寺司(松本潤)が登場した際にもTwitterをはじめネット上で大きな反響があったが、それを上回るほどの熱狂が巻き起こったことは言うまでもない。

 天馬の登場によって、音からかけられた疑いを晴らせずにいた晴が、意気消沈しながら“C5”の溜まり場であるラウンジにやってくると、いつも晴が座るソファに横になっている花沢類の姿。「なーんか、雰囲気変わっちゃったね」とおなじみの調子でつぶやく類に、晴は「大事なものがわからなくなって。こういうとき道明寺さんならどうします?」と相談。

 それに対して類は、持ち前のトーンを一切崩さずに「司は野性だからさ。そのごちゃっとした中の一番大事なものしか眼中にないよ」とアドバイスをする。花沢類の口から発される「司」という言葉だけで、全国の“花男”ファンを一気に10年前へと引き戻すだけのパワーが溢れ出る。

 先日『花より男子』で西門総二郎を演じた松田翔太の結婚が発表され、松田のInstagramに“F4”メンバーが集結した写真がアップされて大きな話題となった。これはもう西門と美作、そして回想やホログラムではない道明寺、さらにはつくしのゲスト出演を本格的に期待してもいいのではないだろうか。

      

「『花のち晴れ』に花沢類が! 花男ファンを一瞬で“あの頃”へ引き戻す、小栗旬の凄まじきパワー」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版