>  >  > 松坂桃李主演R18映画『娼年』予告編

娼夫と過ごす“濃密な時間”が次々と 松坂桃李主演R18映画『娼年』予告編

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月6日全国ロードショーのR18映画『娼年』から予告編が公開された。

  松坂桃李が娼夫・リョウ役に挑んだ本作は、 『愛の渦』の三浦大輔が監督を務め、石田衣良の同名小説を映画化した愛の物語。「女なんてつまらない」と思っていたリョウが、女性の欲望に向き合うことで変化を遂げていく。

 そして今回、娼夫の仕事を通して成長するリョウの姿が描かれた予告編が公開。「セックスなんて手順の決まった面倒な運動です」と話す森中領(松坂)を、会員制ボーイズクラブ「Le Club Passion」のオーナー・御堂静香(真飛聖)が同クラブで働くように誘い、領は驚きつつも娼夫・リョウとして仕事を始める。

 映像では、「欲望の種類は無限にあるわ」と静香が言う通り、じれったさを好むヒロミ(大谷麻衣)や、乱暴にされる姿を見たがる夫を持った泉川紀子(佐々木心音)らをはじめとした、様々な欲望と想いを持った人々が登場し、リョウとの“濃密な時間”が次々と展開。

 また、リョウは、娼夫として働いていることを知る同級生の白崎恵(桜井ユキ)とホストの田嶋進也(小柳友)に、「領くん、汚いよ!」「別にできることがあるはずだろ?」と非難されながらも、「欲望の秘密は、その人の傷ついているところや弱いところにひっそりと息づいている」と、女性の欲望の不思議さや奥深さに気付き、心惹かれ、次第に“娼夫”という仕事にやりがいを感じるようになっていく。

『娼年』予告編

■公開情報
『娼年』
4月6日(金)、TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー
出演:松坂桃李、真飛聖、冨手麻妙、猪塚健太、桜井ユキ、小柳友、馬渕英里何、荻野友里、佐々木心音、大谷麻衣、階戸瑠李、西岡德馬、江波杏子
脚本・監督:三浦大輔
原作:石田衣良『娼年』(集英社文庫刊)
製作:小西啓介、松井智、堀義貴、木下暢起
企画・プロデュース:小西啓介
エグゼクティブ・プロデューサー:金井隆治、津嶋敬介
プロデューサー:永田芳弘、山野邊雅祥、藤原努、石田麻衣
製作幹事:ファントム・フィルム、ハピネット
制作プロダクション:ホリプロ
企画製作・配給:ファントム・フィルム
レイティング:R18+
(c)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
公式サイト:http://shonen-movie.com/

「娼夫と過ごす“濃密な時間”が次々と 松坂桃李主演R18映画『娼年』予告編」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版