>  >  > 竹内涼真、高畑充希との恋の行方

竹内涼真、有村架純から高畑充希に心変わり? 『ひよっこ』『過保護のカホコ』恋模様を比較

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『過保護のカホコ』(日本テレビ系)と『ひよっこ』(NHK総合)、両ドラマを観ている視聴者にとって、今週は気持ちの浮き沈みが激しい、どぎまぎさせられる週である。

 『過保護のカホコ』では、カホコ(高畑充希)に辛辣な態度を取りつつも、着実に社会人へと更生していく麦野初として。『ひよっこ』ではヒロイン、みね子(有村架純)の恋人として、視聴者も呆れるほどのラブラブっぷりを披露した島谷を演じているのが、竹内涼真だ。

 誠実で優しく、不器用で鈍感な部分も愛らしく見えてくる島谷。第15週「恋、しちゃったのよ」、第16週「アイアイ傘とノック」と、2週間に渡って朝から視聴者にキュンキュンを巻き起こしてきた2人の初々しい恋は、第17週「運命のひと」で終わりを迎えた。実家の経営難から縁談を勧められた島谷は、親との縁を切り、みね子を選んだ。父親の実(沢村一樹)が行方不明になり、出稼ぎに上京してきたみね子。島谷の親不孝な行為を、みね子は許せなかった。長い沈黙が2人に自然と別れを告げる。「ありがとう、素敵な人。好きになれてよかった」。島谷の深い、深い礼は、みね子への感謝の思いと、言葉通りの島谷の誠意が見える。プロポーズのために婚約指輪を忍ばせていたこと、そしてその日はみね子が20歳の誕生日を迎える夜であったことが何とも切ないーー。

 そんな放送の2日後。みね子と島谷の恋の結末を見計らったかのように、『過保護のカホコ』でカホコと麦野は急接近する。竹内涼真が演じる、島谷と麦野は両極端なキャラクターであり、『過保護のカホコ』の第1話ではそのギャップと彼の演技力の底知れなさに驚いた。夢に麦野が出てくるほどに、頭のなかが彼でいっぱいになるカホコ。大人らしい服を買い、お弁当の作り方を教わり、お得意のインターネットで身につけた知識で、距離感を縮め、下の名前で彼を呼び、会話に「好き」をインサートし、さりげないボディタッチを図る(恋の始めを見ると、何日か前に、ニコニコ顔で働くみね子がオーダーを取っていた姿が脳裏をかすめる……)。

      

「竹内涼真、有村架純から高畑充希に心変わり? 『ひよっこ』『過保護のカホコ』恋模様を比較」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版