>  >  > 『20センチュリー・ウーマン』公開決定

マイク・ミルズ × アネット・ベニング『20th Century Women』邦題&公開日決定

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第74回ゴールデングローブ賞ノミネート作品『20th Century Women(原題)』が、邦題『20センチュリー・ウーマン』として6月に公開される。

 本作は、『人生はビギナーズ』のマイク・ミルズ監督が、『アメリカン・ビューティー』や『キッズ・オールライト』でアカデミー賞にノミネートしてきたアネット・ベニングを主演に迎え制作したヒューマンドラマ。共演には、『SOMEWHERE』のエル・ファニング、『フランシス・ハ』のグレタ・ガーウィグらの名前が並んでいる。

 主演のアネット・ベニングが演じるのは、監督の母親がモデルになったというシングルマザーのドロシア。思春期の息子の成長に悩む愛情溢れる母親を演じ、ゴールデングローブ賞では作品賞(ミュージカル・コメディ部門)と共に、主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)にノミネートした。

■公開情報
『20センチュリー・ウーマン』
6月、丸の内ピカデリー/新宿ピカデリーほか全国公開
監督・脚本:マイク・ミルズ
出演:アネット・ベニング、エル・ファニング、グレタ・ガーウィグ
配給:ロングライド
(c)2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.



「マイク・ミルズ × アネット・ベニング『20th Century Women』邦題&公開日決定」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版