>  >  > 『セッション』監督最新作邦題決定

『セッション』監督の最新作『ラ・ラ・ランド』の邦題で2017年2月24日公開へ

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『セッション』のデイミアン・チャゼル監督最新作「LA LA LAND」(原題)の邦題が『ラ・ラ・ランド』に決定、2017年2月24日に公開されることが発表された。

 本作は、トロント国際映画祭で最高賞である観客賞を受賞し、早くもアカデミー賞の大本命とされるL.Aを舞台としたミュージカル映画。映画スタジオのカフェで働きながら女優を目指すミア、場末のバーでピアノを弾くセバスチャン、ふたりが恋におち、葛藤しながらも、夢を追いかける姿を描く。

 監督は28歳にして『セッション』で数々の賞レースを賑わせた新進気鋭の作家、デイミアン・チャゼル。ジャズピアニストのセバスチャンには『ブルーバレンタイン』、『ドライヴ』のライアン・ゴズリング、ミア役には『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』でアカデミー賞を始め数多くの賞にノミネートされ、今年のベネチア国際映画祭で女優賞を受賞したエマ・ストーンが演じる。ほか、『セッション』に続き、チャゼル作品に続けての参加となったJ・K・シモンズが名を連ねている。

■公開情報
『ラ・ラ・ランド』
2017年2月24日(金)TOHOシネマズ みゆき座他全国公開
監督・脚本:デイミアン・チャゼル
出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、J・K・シモンズ
配給:ギャガ/ポニーキャニオン 
Photo courtesy of Lionsgate.(c)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

「『セッション』監督の最新作『ラ・ラ・ランド』の邦題で2017年2月24日公開へ」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版