>  >  > 『ハドソン川の奇跡』トム・ハンクスの想い

トム・ハンクス、『ハドソン川の奇跡』にコメント 「甚大な飛行機墜落事故になるところだった」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月24日公開『ハドソン川の奇跡』より、9・11アメリカ同時多発テロ事件から15年目となる本日、主役のサリー機長を演じるトム・ハンクスよりコメントが寄せられた。

 本作はマンハッタン上空で起きた2009年の航空機事故を題材に、クリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを主演に迎えて描く人間ドラマ。機長の手記を基に、制御不能となった飛行機をハドソン川に不時着させ、乗客全員の命を救った奇跡の生還劇を描く。ほか、キャストにはアーロン・エッカート、ローラ・リニーらが名を連ねる。

 本日はアメリカ同時多発テロが起きた9月11日。航空機を使った史上最大のテロ事件である9・11は、ハイジャックされた航空機がワールドトレードセンターに向かって突っ込み、その様子は世界中で報道され、ニューヨーク市民だけでなく世界に衝撃を与えた。

 主演を務めたトム・ハンクスは、9.11のような航空機テロについて「アメリカをはじめ他の国であまりにも何度も起きている。もうアメリカがそういうことを経験するのは見たくない。そういう映像に見慣れてしまった。爆弾? 爆発? 一体何が起きたんだ?とね」と言及。続けて「(映画のモデルとなった航空機事故は)人々が不安に思っていた正反対のことが起きたんだ。もしハドソン川に不時着していなければ、また何万人という人々を殺すことになるニューヨーク市の甚大な飛行機墜落事故になるところだったんだ」と語った。

20160818-hadosongawa-postar.jpg

 

■公開情報
『ハドソン川の奇跡』
9月24日(土)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開
監督:クリント・イーストウッド
出演:トム・ハンクス、アーロン・エッカート、ローラ・リニー
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2016 Warner Bros. All Rights Reserved
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/hudson-kiseki/

■書籍情報
『機長、究極の決断「ハドソン川」の奇跡』発売中
著者:C.サレンバーガー
刊行:静山社文庫

「トム・ハンクス、『ハドソン川の奇跡』にコメント 「甚大な飛行機墜落事故になるところだった」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版