>  >  > 『武道館』の見どころを考察

Juice=Juice主演ドラマ『武道館』放送直前! 3つの切り口から見どころを考察

関連タグ
Juice=Juice
NEXT YOU
アイドル
ピロスエ
武道館
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 女性アイドルをテーマとした連続ドラマ『武道館』が、いよいよ本日2月6日(土)夜11時40分よりフジテレビにて放送開始される(BSスカパー!版は2月10日(水)夜9時〜)。直木賞作家・朝井リョウ作による小説のドラマ化で、劇中の架空アイドルグループ・NEXT YOUを、実在のアイドルグループであるJuice=Juiceが演じるという趣向。主題歌「Next is you!」はJuice=Juiceの5人がNEXT YOU名義で歌っていて、楽曲プロデュースをつんく♂が担当。劇中のNEXT YOUと実在のJuice=Juiceどちらも日本武道館でのワンマンライブを目標にしているなど、虚実ないまぜのコンテンツとして放送開始前からすでに話題を集めている。

 本記事では、放送直前のこのタイミングで、知っておけばよりドラマを楽しめるであろう3つの切り口からドラマ『武道館』の魅力に迫ってみる。

【公式】ドラマ「武道館」 超最速スペシャル映像!

ドラマ「武道館」公式サイト

(1)メンバーの演技経験

 ハロー!プロジェクト所属の5人組アイドルであるJuice=Juiceは、今月3日にちょうど結成3周年を迎え、活動4年目に入ったばかり。歌唱やダンスの実力主義で知られるハロプロの中でも、J=Jの評価は一際高い。

(彼女たちの3年間の活動軌跡については、筆者が先日リアルサウンドに寄稿した記事「Juice=Juice結成3周年を機に、彼女たちの36カ月を振り返る」にまとめてあります)

 今回のドラマ主演より以前の、メンバーの演技経験はどれぐらいのものだろうか?

【宮本佳林】

 メンバー5人のうち、芸能活動のキャリアが一番古いのは宮本佳林である。2008年11月、9歳でハロプロ研修生に加入(当時の名称はハロプロエッグ)。翌2009年6月には『おじぎでシェイプアップ!』で舞台初出演。以降、2010年からJuice=Juiceが結成された2013年にかけて、『かいぶつのこども』『三億円少女』『今がいつかになる前に』『リボーン 〜命のオーディション〜』『1974』『B・B 〜bumpy buddy〜』『シュガースポット』『もしも国民が首相を選んだら』といった舞台もしくはミュージカル作品計9作に出演している。

 また、2010年6月には『星砂の島のちいさな天使 〜マーメイドスマイル〜』で映画初出演も果たしている。研修生としてアイドル歌手を目指してのレッスンに励む傍ら、これだけの演技経験があるのは比較的多い方といっていいだろう。

【高木紗友希】

 宮本に次いで演技経験が多いのは高木紗友希。彼女がハロプロ研修生に加入したのは2009年11月だが、その直前の8月には舞台『ココ・スマイル6 〜夏色のキャンバス〜』に出演している。『ココ・スマイル』シリーズは小学生〜高校生をキャストの中心に据えたファミリーミュージカル作品で、過去の出演者にはSKE48の佐藤すみれ、乃木坂46の生田絵梨花、そして同じハロプロのアンジュルムの田村芽実など、のちに有名になっていく女の子が多い。高木もそのひとりに数えられる。

 研修生加入後の舞台出演は『今がいつかになる前に』『リボーン 〜命のオーディション〜』ぐらいだが、どちらもJ=J結成前に宮本と共演していたということになる。また、2010年10月公開の映画『ほんとうにあった怖い話 3D劇場版』は5本から構成されるオムニバス作で、そのなかの第3話「誰かいる」を、やはり当時ハロプロエッグだった佐藤綾乃(現在はアップアップガールズ(仮)のメンバー)と二人で主演を務めている。

 さらに2010年12月には、小学生向け道徳ドラマ番組『時々迷々』(NHK Eテレ)の一エピソード「ウソ・ウソ・ウソ」に出演。ちなみにこの回の脚本は、ハロプロ演劇への参加も多い坪田文が担当している。

 そしてハロプロファンにも馴染み深いのは、2012年1〜3月に放送されていた深夜ドラマ『数学♥女子学園』(日本テレビ)だろう。このドラマはモーニング娘。の田中れいな&道重さゆみをメインキャストに、各回のゲストキャラをすべてハロプロメンバーで固めるという、ファンにとっては夢のように楽しい番組であった。高木は、れいな扮する主人公ニーナに憧れる3人組のひとり・舞浜はる役で出演(ちなみに他の二人は吉橋くるみ、田辺奈菜美)。宮本は、真野恵里菜演じる白金麗子の付き人である目黒ゆう役で出演した。

【植村あかり】

 今月に入ってから『ヤングジャンプ』『ヤングガンガン』といった青年漫画誌の表紙を立て続けに飾り、その美少女ぶりが世間に見つかりつつある植村あかり。彼女の演技経験は、Juice=Juice結成直後の2013年4月の舞台『もしも国民が首相を選んだら』(宮本とペアで出演)、そして後述の『恋するハローキティ』ぐらいである。

【宮崎由加・金澤朋子】

 Juice=Juice活動1年10ヵ月目の2014年11月、グループの初主演ミュージカル『恋するハローキティ』が上演された。ここまで見てきた3人以外のメンバー、宮崎由加と金澤朋子はこの舞台が演技初挑戦であった。特に金澤はカツラをかぶって男子高校生役を演じ、主役の宮本演じるキティと恋仲になるというストーリーだった。

 このように各メンバーごとに演技経験に多少の差はあるが、連続テレビドラマの主演を務めるという点では、今回の『武道館』が5人とも初挑戦である。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版