>  >  > 波瑠、なぜ『世界一難しい恋』に

波瑠、大野智の相手役は“ハマり役”となるか? ジャニーズ主演作のヒロインに選ばれる理由

関連タグ
ジャニーズ
世界一難しい恋
大野智
波瑠
若手女優
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月から日本テレビの「水曜ドラマ」枠で放送される『世界一難しい恋』が早くも注目を集めている。老舗旅館の後継ぎで、ホテル経営者の34歳独身男が、一目惚れした女性に好かれるために奔走する姿を描くラブコメディで、主人公の「性格難あり」男を嵐の大野智が演じるのだ。大野は約2年ぶりのドラマ主演であり、初めて挑むラブコメディとなる。

 日本テレビ系のドラマでは、一昨年4月期に放送された『弱くても勝てます』に二宮和也が主演して以来となる嵐のメンバーの主演作ということに加え、大きな話題となった『きょうは会社休みます。』の脚本家・金子茂樹のオリジナル脚本ということもあり、かなり大きな期待が込められていると伺える。その証拠に、現在日本テレビのプライムタイム枠で放送されている3本の連続ドラマがテレビ朝日の『相棒』と『スペシャリスト』に次ぐ高視聴率をマークしている中で、次クールの放送となる本作の番宣をかなり早い段階からスタートさせているのだ。

 通常ならば次クールに放送されるドラマの番宣は、現在放送中のドラマが佳境を迎える辺りから始まるものだが、今回は1月末に放送された『嵐にしやがれ』の段階ですでに始まっていた。大野智がこれから3ヶ月間共演することになるヒロインと初めて顔を合わせ、一緒に料理を作りながらコミュニケーションを図ろうとする企画が組まれたのだ。そこで今回のドラマのヒロイン役として登場したのが、現在NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』で主演を務めている波瑠である。

 今週で第20週目を迎える『あさが来た』は、残りの放送期間が1月半を切り、日本初の女子大設置への動きが出てくるなど、着々とクライマックスに向けて進んでいる。以前彼女を紹介した記事(リンク:女優・波瑠は『あさが来た』でブレイクなるか? “没個性という個性”の可能性を読む)では、彼女がこの朝ドラをきっかけに女優としてブレイクを果たすのか、と期待を込めたが、朝ドラ後の最初の仕事がこのドラマのヒロインであれば、順調にブレイクの階段を登っていると考えて良さそうだ。

 朝の連続テレビ小説をきっかけにブレイクした女優といえば、二年前に放送された『ごちそうさん』で主演を務めた杏が真っ先に思い浮かぶ。彼女は直後に主演した日本テレビ系のドラマ『花咲舞が黙ってない』ではタイトルロールを演じるだけでなく、続編が制作されるほどの人気を博し、ブレイクには欠かせない「ハマり役」を獲得したのだ。その後も月9ドラマ『デート〜恋とはどんなものかしら〜』で個性的なヒロインを演じるなど、公私ともに順調な女優道を歩んでいる。他にも『瞳』のヒロインを演じたのち、ドラマ『メイちゃんの執事』と大ヒット映画『余命一ヶ月の花嫁』で主演を果たした榮倉奈々の例も考えると、朝ドラヒロインは放送終了後の最初の仕事が、その後の女優としての活躍のための大きな鍵と言えるのだ。

     
  • 1
  •  
最新映画レビューもっと見る

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版