>  >  > 注目の役者陣が出演『美しき三つの嘘』

土屋太鳳、門脇麦の『まれ』コンビが再共演 『美しき三つの嘘』の注目ポイント

関連タグ
ドラマ
フジテレビ
土屋太鳳
永作博美
美しき三つの嘘
鈴木京香
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フジテレビ『女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘』(1月4日放送)は、湊かなえの『ムーンストーン』、三浦しをんの『炎』、角田光代の『平凡』という3つの短編を映像化した、フジテレビのオムニバスドラマだ。〝大人の鑑賞に堪えうるミステリー〟をテーマに、数多くの興味深い役者やスタッフが集結している。本稿では、そんな本作の見どころを書いていきたい。

 湊かなえの『ムーンストーン』は、市議会議員の妻である“私”が主人公だ。夫と閑静な高級住宅街に暮らしている“私”は、夫から日常的にDVを受けていた。そしてある日、夫の暴力から娘を守ろうとした際に、“私”は夫を殺してしまう。キャストは、“私”を演じる永作博美を筆頭に、檀れい、村上淳、滝藤賢一、柄本明など、評価を確立している面々が揃っている。監督は深川栄洋が務め、脚本は深川と山室有紀子が担当している。特に注目なのは、個性が強い役者陣を、深川栄洋がどう見せるのかというところ。深川は、会話劇を前面に押しだした作風を得意とし、役者に細かな演出を施すことで知られている。丁寧なコミュニケーションによって、深川は演者の新たな一面や表情を浮かびあがらせていくのだ。2013年の映画『くじけないで』は、そんな深川の手法が活かされた一作で、役者歴60年以上の大ベテラン八千草薫を主演に迎え、チャーミングな側面を存分に引きだしていた。今作ではどのように役者の個性を抽き出していくのか、楽しみである。

 三浦しをんの『炎』は、高校生の香川亜利沙が主人公の作品。ストーリーは、亜利沙が憧れる先輩・立木尚吾が焼身自殺し、その真相を探っていくというもの。真相が明らかになるにつれて高まる緊張感が魅力だ。見どころは、亜利沙役の土屋太鳳をはじめ、門脇麦、村上虹郎、柄本佑など、いま注目の若手たちが集結しているところ。ベテラン勢の演技バトルを楽しめるであろう『ムーンストーン』とは対照的に、『炎』では若い才気のぶつかりあいが見られるはずだ。また、土屋太鳳と門脇麦は、連続テレビ小説『まれ』以来の共演となる。ふたりの掛けあいこそが『まれ』の面白さでもあっただけに、その面白さが『炎』でも見られるのか注目だ。監督を務める廣木隆一は、これまでいくつもの賞を受賞し、『ヴァイブレータ』といった話題作も多く手掛けている。好きな男のすべてを知るために、男が捨てたゴミを拾い集める少女の物語を描いた『東京ゴミ女』や、歌舞伎町のラブホテルを舞台にした群像劇『さよなら歌舞伎町』など、鮮烈な作風も特徴だ。今作では、若い役者たちの感情をどう切り取るのだろうか。

     
  • 1
  •  
最新映画レビューもっと見る

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版