>  >  > 松岡茉優が2015年に躍進したワケ

松岡茉優が2015年に躍進した理由は? ドラマ、バラエティで見せる“異なる顔“を分析

関連タグ
あまちゃん
コウノドリ
ドラマ
女優
松岡茉優
邦画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年も行く末が楽しみな役者をたくさん見ることができた。そのなかでも大きな躍進を果たしたのは、松岡茉優だろう。松岡は、現在20歳の女優。2013年の連続ドラマ小説『あまちゃん』で入間しおり役を演じ、大きな注目を集めた。その後も、『GTO』『斉藤さん2』『リトル・フォレスト』など、コンスタントにドラマや映画に出演し、着実にキャリアを重ねてきた。

 そんな松岡が今年演じた役で特に印象的だったのは、フジテレビのドラマ『問題のあるレストラン』の雨木千佳役だ。雨木千佳は、人間嫌いで会話もままならないという設定の女性。夫の女性関係が原因で精神を壊してしまった母親のために、幼い頃からご飯を作ってきた過去を持つ。こうした難しい役を松岡は、見事に表現しきった。このドラマは他にも、二階堂ふみ、菅田将暉、高畑充希など、注目の若手俳優が多く出演したが、そのなかでも松岡茉優は、定評のある高い演技力を遺憾なく発揮。第84回ザテレビジョンドラマアカデミー賞の助演女優賞でも2位を獲得し、評価を得た。

 こうした高い演技力を支える順応性も、目を見張るものがある。今年の松岡は、ドラマでは『問題のあるレストラン』『限界集落株式会社』『She』『コウノドリ』、さらに映画では『サムライフ』や『ストレイヤーズ・クロニクル』など、さまざまな作品に出演したが、似た役を演じるということはなかった。とりわけ、『She』の西澤涼子役で披露したクールな姿は、笑顔を絶やさない明るいイメージが強い松岡とは違う一面も見れて面白かった。このような引きだしの多さは、さらなる躍進をするうえで武器になりえる。

 一方で松岡は、MCとしてのトーク力や仕切り能力も高く評価されている。MCを務める『ENGEIグランドスラム』や『ツギクルもん』といったバラエティー番組では、強烈なキャラクターを持つお笑い芸人たちと対等に渡りあい、コメントや切り返しで笑いをとる場面もしばしば見られる。

 そのコメントで見られる言語感覚も独特だ。たとえば、11月21日に放送されたフジテレビの番組『正直女子さんぽ』での、「改造されちゃったってこと? 我々近代人に」というコメント。これは、茨城の牛久大仏を見たときのコメントだが、『正直女子さんぽ』での松岡は、こうしたおもしろコメントを連発している。松岡のコメントが面白いのは、視聴者が一瞬で理解できる言葉を使いながらも、その言葉の組みあわせがちょっとズレているところだ。これが本当に絶妙で、筆者は何度もクスッとしてしまう。また、お笑い番組やドラマで見せる姿とは違い、自然体な立ち居振る舞いを見れるのもいい。松岡の面白さをもっと知りたい人は、ぜひ『正直女子さんぽ』も観てほしい。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版