>  >  > コレクターズマンスリー公演は後半戦へ

THE COLLECTORSのレイジーな日曜日 Vol.3〜12ヶ月連続クアトロワンマン 7月公演レポート〜

ザ・コレクターズ、12カ月連続ライブも後半戦に突入! レーベルスタッフが舞台裏まで渾身レポ

関連タグ
THE COLLECTORS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年1月からスタートしたTHE COLLECTORS(以下、コレクターズ)によるマンスリーライブ『THE COLLECTORS CLUB QUATTRO MONTHLY LIVE “LAZY SUNDAY AFTERNOON”』。

 同ライブ企画は、コレクターズが彼らのホームグラウンドでもある渋谷 CLUB QUATTROにて毎月日曜日、12カ月連続でライブを行うというもの。全公演ソールドアウトが相次ぐマンスリーライブも早いものでもう折り返し。リアルサウンドでは、バンドが所属するレコード会社(日本コロムビア)スタッフによるレポートを掲載。貴重なメンバーのコメントも交えつつ、上半期の勢いのまま突入した後半戦1本目となる7月15日公演の模様を届けたい。(編集部)

加藤ひさし

 連日続く記録的な猛暑の真っ只中に開催された7月のマンスリーライブはとにかくアツかった。「クアトロマンスリーも後半突入! ここからは下り坂だ! 飛ばすよ!」と本レポートにコメントを寄せた加藤ひさし(Vo)の言うとおり、今までにも増して疾走感のあるイカしたパフォーマンスだった。

 大勢のファンが駆けつけた満員のクアトロは開演前から夏の暑さに負けじと熱気に包まれる。みなそれぞれのTシャツに身を包み、今か今かと“キング・オブ・モッズ”の登場を待ちわびる。男女比は半々ほどだろうか。歳のころもさまざまな印象だ。会場には恐らくバンドよりも”若い”であろうファンの姿も多く見受けられた。

 コレクターズが結成されたのは1986年、いまから31年とちょっと前。「平成」という激動の時代をビシっと駆け抜けた”俺たちの兄貴たち”が平成最後の夏にバリバリの現役バンドとしてステージに立っているのだから、グッと来ないほうが嘘だろう。たった52回しか来ない平成30年の日曜日のうち、12回もコレクターズにステージを預けてくれた粋なクアトロの男気にも感動を覚える。

「ザ・コレクターズ、12カ月連続ライブも後半戦に突入! レーベルスタッフが舞台裏まで渾身レポ」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版