>  >  > A応P、満員のクアトロライブレポ

『A応P 2nd LIVE TOUR 2018 アニメがなくちゃ戦えない!』

新体制のA応P、満員の渋谷クアトロでアピールした“本物のA応P”像

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月3日、A応Pが2ndライブツアー『アニメがなくちゃ戦えない!』の最終公演を渋谷CLUB QUATTROで開催した。

 新潟、宮城、福岡、愛知、大阪、岡山、広島を回ってきた旭優奈、小嶋凛、堤雪菜、巴奎依、広瀬ゆうき、星希成奏に加え、千秋楽となる東京公演には工藤ひなきと春咲暖が合流、2018年上半期A応Pの総決算とも言うべきライブとなった。

 この日の会場・CLUB QUATTROはフルハウス。メンバー自ら観覧時の諸注意を伝える影ナレーションののち、OVERTUREとともに巴奎依、広瀬ゆうき、福緒、旭、工藤、小嶋、堤、春咲、星希が現れた刹那、満員のフロアはそれぞれの推しメンのイメージカラーに合わせたカラフルなペンライトの光に包まれた。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 この日のオープニングナンバーはツアータイトルの元ネタにして、5月発売の最新シングル曲「愛がなくちゃ戦えない」。ド派手なブラスを効かせたこの曲で、およそこの日が9人でのツアー初ステージとは思えない見事なフォーメーションダンスで魅せると、その後はバラエティ豊かなステージングを展開する。巴、広瀬、福緒という、福緒曰く「古参」メンバーで「MISSION→」「カミサマと金魚」「Cotona MODE」を連投したのちには、旭、小嶋、堤、星希を再び呼び込み「あのね、キミだけに」をパフォーマンス。そして広瀬の「ここからはA応Pのキテレツな曲たちを」の声を合図にアニメ『おそ松さん』の第1期前期オープニングテーマ「はなまるぴっぴはよいこだけ」をドロップしてフロアからの割れんばかりの大コールを巻き起こし、同じくどこか“キテレツ”な「二次元ポケット」では7人がスムーズなマイクリレーとラインダンスを披露して、より大きな歓声を集めてみせた。さらに巴が「ここからはカッコいいA応Pを見せちゃうから」と語ったのちにはデジロックテイストの「Never Say Never」と高速トランスチューン「Another World」を投下。ここでもツアーで回った7会場で培ったのだろう練度の高いダンスとハーモニーでオーディエンスを魅了した。

 そしてライブ中盤以降、彼女たちは一気呵成のセットリストを構成。ストレートなロックナンバー「イキテルアカシ」ではフロアとともにタオルを力強く振り回し、ツービートパンクを思わせる「呼べよ嵐」ではそのフロアの〈呼べよ嵐をA応P〉の大シンガロングを扇動してみせる。また『おそ松さん』第1期後期オープニングテーマ「全力バタンキュー」、『タイムトラベル少女~マリ・ワカと8人の科学者たち~』オープニングテーマ「希望TRAVELER」、『南鎌倉高校女子自転車部』オープニングテーマ「自転車に花は舞う」、『ダイヤのA』エンディングテーマ「未来へつなげ」と人気アニメのタイアップナンバーをつるべ打ちすると、その後は本公演のみ参加の工藤と春咲を加えて、スラップベースがフロアを揺らす「まぼろしウィンク」と、尺八、琴、鼓をフィーチャーした「君氏危うくも近うよれ」と『おそ松さん』第2期のテーマソングを連発。今度は9人編成でのライブステージがこのツアーにおいて初めてとは思えぬ堂々たるコンビネーションを見せつけた。

 旭が7月14日に東京ジョイポリスでイベント『A-POLIS ~デジタリアルA応P~』を開催することをアナウンスするや、6月いっぱいでグループを卒業する福緒が「いいなー。私も出たいなー」「ジョイポリス好きなんだよなー」とボヤくと、巴が今秋3回目のライブツアーを開催することをアナウンスしつつ「自分で自分の卒業をネタにする人、初めて見た」と即座にツッコむ、なんともノンキなやり取りを繰り広げる一方、今回ツアーメンバーから外れた春咲は「絶対にみんなに追いつくので次のツアーは参加させてください!」「負けませんよ、私は!」と高らかに宣言するなど、ユルさと熱さの交錯するMCを挟んだところでライブは終盤に突入。9人は、巴の「はじめからA応Pに寄り添ってくれている曲です」のひと言とともにデビューシングルのカップリング曲「アリノママMY WAY」をタフに歌い上げ、ひとまずステージをあとにするも、直後に巻き起こったアンコール代わりの「A応P」コールに応えて舞い戻ったメンバーはあらためてこの日のオープニングナンバー「愛がなくちゃ戦えない」で、この日一番の熱狂を演出して、東京公演、そして『アニメがなくちゃ戦えない!』ツアーを締めくくった。

 ライブ中、広瀬は「人は肩書きなんてすぐ作れるんだよ」「でも本当の仕事をしないと周りの人は認めない」とコメント。その上で3月に正規メンバーに昇格した面々について「3カ月前にA応Pになった時点では、A応Pを名乗ることを許されただけ」と評しながらも、「でもこのツアーでファンがみんなを本物のA応Pにしてくれた」と最大の賛辞を送っていたが、今回のステージはまさにその証左。新メンバーはもちろん、巴、広瀬、福緒を含めた9人はその熱く、テクニカルな歌声とステップをもって“本物のA応P”の姿を満天下にアピールしていた。

(取材・文=成松哲)

■セットリスト
『A応P 2nd LIVE TOUR 2018 アニメがなくちゃ戦えない!』
2018年6月3日(日)・渋谷CLUB QUATTRO
1.愛がなくちゃ戦えない
2.MISSION→
3.カミサマと金魚
4.Cotona MODE
5.あのね、キミだけに
6.はなまるぴっぴはよいこだけ
7.超反応ガール
8.二次元ポケット
9.Never Say Never
10.Another World
11.イキテルアカシ
12.呼べよ嵐
13.全力バタンキュー
14.希望TRAVELER
15.自転車に花は舞う
16.未来へつなげ
17.まぼろしウインク
18.君氏危うくも近うよれ
19.アリノママMY WAY

Enc1.愛がなくちゃ戦えない

■リリース情報
『恋に咲く謎、はらはらと』
発売:8月22日(水)
価格:¥ 1,204(税抜)
テレビアニメ『京都寺町三条のホームズ』のオープニング主題歌含む楽曲を収録

『A応P 1st LIVE TOUR 2017-2018 君氏の♡に潜入せよ! at TSUTAYA O-EAST』
発売:7月31日(火)
価格: ¥7,500(税別)
A応Pの初の2017年11月-2018年1月の年をまたいだ5大都市を巡るツアー『A応P 1st LIVE TOUR 2017-2018 君氏のハート♡に潜入せよ!』の2018年1月1日元旦に東京・TSUTAYA O-EAST で行われた 最終公演のライブ映像を収録。

 

「新体制のA応P、満員の渋谷クアトロでアピールした“本物のA応P”像」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版