>  >  > 冨田勲、「愛」の振付を辻本知彦が手がける

冨田勲、シンセサイザーワーク「愛」映像公開 辻本知彦の振付を大妻嵐山高校ダンス部が踊る

関連タグ
冨田 勲
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 冨田勲が、5月23日にリリースしたアルバム『MISSING LINK of TOMITA~冨田勲 日本コロムビア初期作品集 1953-1974~』より、収録曲「愛 《コムポジション―習作》」の映像を公開した。

冨田勲×辻本知彦 TOMITA幻のシンセサイザー作品「愛 《コムポジション―習作》」を踊ってみた

 同曲は、今は亡きシンセサイザーアーティストの冨田勲が最初期に制作した作品。1974年1月に学校での使用を目的としてリリースされたアルバム『中学・高校・大学及び一般のための創作ダンス =ダンスイメージと創作過程=』に収録されている。

 このたび公開された「冨田勲×辻本知彦 TOMITA幻のシンセサイザー作品「愛 《コムポジション―習作》」を踊ってみた」では、振付師・ダンサーの辻本知彦が手がけ、埼玉県の大妻嵐山高校ダンス部のメンバーが踊っている姿が収められている。なお、辻本知彦は、冨田勲の遺作「ドクター・コッペリウス」でも振付を担当している。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

辻本知彦 コメント

(c)Takao Sakai

冨田勲さんと出会った事は、振付師としての可能性をプレゼントして頂いた事、そしてなによりも、運命だと感じています。
今回の映像、最初の仕上がりを見て涙が溢れて止まりませんでした。個人的な感情が湧いてきて、こんなにも冨田さんへの思いが強いのかと感じた瞬間でした。
「冨田さんがみたら喜ぶだろうなあ」「あなたの曲がこんなダンスになりましたよ」「時代を感じるでしょう?」「あなたの曲はこうして僕のダンスと共にいまを生きていますよ」「映像で残ることで、未来の人々もこれを見ることができるんです」「これは僕という人間がこの時代に生きた証でもあります」「なにより、見る者それぞれの心の中に、なにかが生まれますように」……ふと気づくと、もうここにはいない冨田さんに向けて、さまざまな思いを伝えている自分がいました。
あなたと出会えていなかったら、この振付が生まれることは無かったでしょう。先生ありがとう! またね!!

(写真=Yasuhiro Ohara)

『MISSING LINK of TOMITA~冨田勲 日本コロムビア初期作品集 1953-1974~』

■映像情報
冨田勲×辻本知彦「愛 《コムポジション―習作》」(1974-2018)
オリジナル音源:1974年1月発売『中学・高校・大学及び一般のための創作ダンス =ダンスイメージと創作過程=』
音楽:冨田勲
演奏:モーグ・シンセサイザーとコロムビアオーケストラ
振付:辻本知彦
ダンス:大妻嵐山高校ダンス部

■作品情報
『MISSING LINK of TOMITA
~冨田勲 日本コロムビア初期作品集 1953-1974~』
2018年5月23日(水)発売
¥3,000+税

■関連リンク
冨田勲 レーベルサイト
辻本知彦 オフィシャルサイト

「冨田勲、シンセサイザーワーク「愛」映像公開 辻本知彦の振付を大妻嵐山高校ダンス部が踊る」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版