>  >  > 星野源、日村の誕生日を今年も“歌”で祝福

星野源、今年もバナナマン日村勇紀の誕生日を“歌”で祝福 次なるヒット曲への布石となるか

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月14日に46歳の誕生日を迎えたバナナマン・日村勇紀。今年もこの季節がやってきた、と思う『JUNKバナナマンのバナナムーンGOLD』(TBSラジオ)リスナーも少なくないだろう。バナナマンの二人と親交の深い星野源が、日村の誕生日に毎年オリジナルの誕生日ソングを同ラジオにて送っており、今年で9回目を迎える。これまで制作したバースデーソングをもとに「SUN」や「Family Song」などのヒット曲が生まれるなど、そのクオリティは非常に高く、毎年多くのリスナーが楽しみにしている恒例行事の一つだ。昨年プレゼントした「ラジオ」ではラップを取り入れるなど、チャレンジングな姿勢も伺えた。ちなみに今年の星野の誕生日には「ラジオ」の歌詞通り、バナナマンの二人が『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に出演。長年に渡って育まれてきた三人の絆を感じた。

星野源『SUN』

 今年も『バナナムーン』に電話出演した星野。「すっごい眠いんですよ」と本音を口にしつつも、多忙な間を縫って制作したハイクオリティな誕生日ソングをプレゼントした。喜ぶ日村に、「なんていうか誕生日、ずーっとお祝いをさせていただいているので。今年だけないっていうのもさすがに……忙しいは忙しいですけど。ないのはちょっとあれだなと思って」と星野らしい律儀な発言。

 フルオーケストラでスタジオ録音したゴージャスな「ラジオ」に対し、今回の楽曲は「原点に帰ってしっとりと弾き語りを」という思いからアコースティックギター一本で録音したものだった。歌詞は日村から届いた結婚報告が実は“コピペ”だったことを糾弾し、最後には自身の映画を宣伝するというユニークな内容だ。神田愛花が呼んでいるという日村のあだ名の一つ・ユキュソを歌詞に取り入れているのもポイント。星野の声の深みが楽しめるしっとりとした楽曲で、「Family Song」などを思わせる柔らかいサウンドに仕上がっている。

      

「星野源、今年もバナナマン日村勇紀の誕生日を“歌”で祝福 次なるヒット曲への布石となるか」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版