>  >  > HKT48『早送りカレンダー』収録曲を分析

宗像明将のチャート一刀両断!

HKT48『早送りカレンダー』は一足先に夏を届けるシングルに “陰”と“陽”示した収録曲を分析

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

参考:2018年05月14日付週間シングルランキング(2018年04月30日~2018年05月06日・ORICON NEWS)

HKT48『早送りカレンダー』(TYPE-A・DVD付)

 2018年5月14日付の週間CDシングルランキングの1位は、HKT48の『早送りカレンダー』。11作連続の1位を獲得しました。

 博多市に拠点を置き、指原莉乃も在籍するHKT48ですが、「早送りカレンダー」では3期生にして16歳の矢吹奈子と田中美久が初のセンターを務めています。若返りつつ、しかし全国的な知名度を誇る指原莉乃もいる安定感。万全の体制とも言えるでしょう。

 音源をじっくり聴く前に「早送りカレンダー」のMVを見たところ、福岡の名所をメンバーが訪れていく映像に見入ってしまいました。ヤフオク!ドームなど、各所をCGでカラフルに色付けするシーンは、許諾作業を考えるとかなり大変だったのではないかとも思います。

 福岡を舞台にした「早送りカレンダー」のMVを見ながら考えたのは、福岡はもともとローカルアイドルの一大拠点であったということでした。今後の活躍を期待された数多くのアイドルがいたものの、現在の福岡のシーンはあまり元気には見えません。そこに一抹の寂しさを覚えつつ、AKB48グループのHKT48が君臨している事実を改めて痛感しました。

【MV full】早送りカレンダー / HKT48[公式]

 ……と、うっかりここで原稿を書き終えそうになったので、収録曲を見ていきましょう。全曲の作詞は言うまでもなく秋元康です。

 「早送りカレンダー」は、ギターサウンドで幕を開け、少しだけThe Beach Boysを連想させるコーラスで一気に夏を印象づけます。「早送りカレンダー」という曲名は、つまりカレンダーを早送りさせて夏を連れてくるという意味。<パラソル><砂浜><水着>といった単語が出てくる歌詞の舞台は完全に夏。世間はまだゴールデンウィーク中の5月2日にリリースされた一足早いサマーソングであり、サウンドもそのイメージを強調しています。作曲は、AKB48グループへの楽曲提供でおなじみの丸谷マナブ。編曲は、乃木坂46の「インフルエンサー」の編曲でも知られるAPAZZIです。

      

「HKT48『早送りカレンダー』は一足先に夏を届けるシングルに “陰”と“陽”示した収録曲を分析」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版