>  >  > 『リメンバー・ミー』音楽的魅力は?

映画『リメンバー・ミー』、主題歌も『アナ雪』以来の大ヒット? 音楽面から作品の魅力を考察

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「リメンバー・ミー」日本版エンドソング60秒MV

 そして日本版エンドソングとして流れるのがシシド・カフカfeat. 東京スカパラダイスオーケストラによる「リメンバー・ミー」だ。ゆったりとしたテンポでスタートすると、まさしくマリアッチのようなゴージャスなブラスの音が入って盛り上がっていく。ミゲルと家族の絆を描いた作品を柔らかく、明るく締めくくる役割を果たしていると言えるだろう。

 「リメンバー・ミー」が劇中で何度も登場するために、エンドソングとして流れた際にはつい口ずさんでしまいそうになった。『ラ・ラ・ランド』、『美女と野獣』、『グレイテスト・ショーマン』など、近年その勢いをさらに増しているミュージカル映画。しかし『アナ雪』以来、ミュージカル映画の主題歌が作品を超えて多くの人々に浸透することはあまりなかったように思う。『リメンバー・ミー』は久々に楽曲と共にヒットする作品になりそうだ。

(文=村上夏菜)

■公開情報
『リメンバー・ミー』同時上映『アナと雪の女王/家族の思い出』
3月16日(金) 公開
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
(C)2018 Disney. All Rights Reserved.

      

「映画『リメンバー・ミー』、主題歌も『アナ雪』以来の大ヒット? 音楽面から作品の魅力を考察」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版